プロフィール

M

  • Author:M
  • blog “夢の巷”
    日々の感想文。

    エレファントカシマシのファンになって1○年。しかし最近はチケットがとれにくくなってきたためめっきりライヴには行かなくなってしまいました。
    近年は歌舞伎マニアと化すが、新歌舞伎座も開場し歌舞伎熱もやや沈静化。

    好きな役者さんは播磨屋=中村吉右衛門、中村歌六、中村種之助、中村米吉。萬屋=中村時蔵、中村梅枝、中村萬太郎。音羽屋さん、大和屋さん(三津五郎さんの方)も好き。上方の松嶋屋、山城屋さんもいけます。

    一番深く関わっているのは美術。ジャンルにこだわらず展覧会に足を運んでいます。
    (プロフィル写真は夜の旧歌舞伎座。)

    メールは hanaotoko [@] zoho.com まで
    (文字の間のブランクとカッコをはずして下さい)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25周年記念ライヴ

さいたまスーパーアリーナへ行ってまいりました。
5時間近く立ちっぱなしは正直肉体的にキツかったですが、
13,000人の観客に感激する宮本を見ることができて良かったです。

ライヴとしては決してベストアクトとはいえなかったと思うけれど、
とにかく長期休養の状態から復活し、わずか半年で4時間歌い続けのライヴを
やりきってしまった宮本(エレカシ)の喉と気力と体力には脱帽した。
冒頭ではいささか不安そうな面持ちも見て取れたように思うのだけれど(個人の妄想です)、
後半どんどん会場が乗り嬉しそうになっていく先生がツボだった。

野音の輪唱は本人的にも黒歴史だったのかと爆笑しつつコーラスした「男餓鬼道空っ風」。
最小限の演奏で、圧倒的なヴォーカルを際立たせた「やさしさ」。
「さらば青春」「昔の侍」の流れにエレカシの歴史を思い、
本当の終盤に見せたマイクコードとの格闘には思わず心の中でガッツポーズ(来たー!)。
久々の笑いと涙と激情が同居するエレカシライヴだった。

周りの若い人たちがエレカシリスペクトモードなのに世代の差を感じたりして、
このままこの人たちがファンとして残ってくれたらいいなあと思いつつ会場を後にしました。
スポンサーサイト

Comment

お久しぶりです。

覚えておられるでしょうか?

しばらくエレカシから離れられておられるようで
寂しく思っていましたが、復活されたようで何よりです!

さいたま、わたしも5時間30分立ちっぱなしでへとへとです。
でも良かった、楽しかった!ほんとにうれしそうでしたよね。

Re: お久しぶりです。

覚えていますとも。
お元気そうでなによりです。

前半は選曲の振れ幅が大きいのと、あまり得意でない曲が続いたので
実は結構辛かったのですが、
未来の生命体あたりから個人的にはとてもいい感じで聞けました。
13,000人という観客数から、続けることの大切さを実感できました
(たぶん私のような戻り客も多かったはず)。

ここ二、三年は新作すら買っていないというありさまですが、
次回作を静かに待とうと思います。
丁寧に詩を書いてくれることを期待しつつ。

風船

いまだ夢から覚めない女です…

一瞬、別の人のライブにお邪魔している気分になりましたね。
落ちてきた赤い風船を時々頭のうえで振り回したり。
持ってかえろうと結び目を必死にゆるめながら宮本を追って右へ左へうろうろと…

その日はサッカーの準決勝を急遽応援してからの開演ぎりぎりに入ったので、
花道があるのも気づきませんでしたが、ノリノリのへーいへいへい!にも全力で参加、本当に泣いたり笑ったり歌ったりでこちらも大忙し。いつもの時間くらいたった頃に前半と言ったので??終わった時間を見てびっくり。先生の体は大丈夫でしょうか。

あわてて帰る途中案の定はぐれ、なんとか電車に飛び乗ったら、あちこちに色とりどりの風船を持った女子が。
いつもはライブの余韻を抑えつつ、静かに座って窓の外を眺めたりしているのですが、その日はたくさんの仲間がいてすごくうれしかった。本当はいつも、周りにいるんですね。見えないだけで。

次回はいつになるでしょうか。またいつかお会いできますね。

Re: 風船

お久しぶりです。

開演前の会場周辺はモノノフたちとも相まってカオス状態でしたね(笑)。

以前のようなサシで勝負をする緊迫感はなく、どこか穏やかな気持ちで宮本を眺めていました。
どこか過去を振り返る気持ちになっているんでしょうか。
かつての宮本を、この曲たちが生まれた頃の生々しさを自分は知っているんだぞ、と
誰にともなく自慢したい気分でした。

ライブにはまた足を運びます。
いつかまた、どこかで必ず、お目にかかりましょう。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。