プロフィール

M

  • Author:M
  • blog “夢の巷”
    日々の感想文。

    エレファントカシマシのファンになって1○年。しかし最近はチケットがとれにくくなってきたためめっきりライヴには行かなくなってしまいました。
    近年は歌舞伎マニアと化すが、新歌舞伎座も開場し歌舞伎熱もやや沈静化。

    好きな役者さんは播磨屋=中村吉右衛門、中村歌六、中村種之助、中村米吉。萬屋=中村時蔵、中村梅枝、中村萬太郎。音羽屋さん、大和屋さん(三津五郎さんの方)も好き。上方の松嶋屋、山城屋さんもいけます。

    一番深く関わっているのは美術。ジャンルにこだわらず展覧会に足を運んでいます。
    (プロフィル写真は夜の旧歌舞伎座。)

    メールは hanaotoko [@] zoho.com まで
    (文字の間のブランクとカッコをはずして下さい)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の手帳

久々の文具ネタです。

長年手帳ジプシーを続けてきたが、昨年あたりで大体自分にあった記録の形式が
見えて来たようで、今年は手帳を2冊(厳密には3冊)しか買わずに済んだ(笑)。

システム手帳は携帯性と保存性に難があることから数年前に利用を諦め、
ここしばらくはA6サイズの綴じ手帳を使用していた。
しかし、次なる難問は手帳カバーだった。
そこそこゆとりがありながらごつすぎずコンパクトで、太めのペンでも挿せる
ペンホルダーを備えたほどよくしなる質の良い革製の、なおかつある程度お手頃な
お値段のカバー、という高すぎるハードルwが災いし、これまでなかなかこれと
いうものに巡り会うことができなかった。

しかし、定期的に伊東屋や世界堂や丸善を巡回しているにも関わらず、それまで
発見できなかった上記の条件をすべてクリアするアイテムを、たまたまある百貨店の
文具売り場で見つけることができたのだ(嬉)。
ちなみに、今年は見開き2週間のレイメイの手帳に、別メーカーのマンスリーブロック
手帳を無理矢理合体させ、最近発売されたライフのバーミリオン方眼を一緒に
挟んで携帯している。
付箋も併用しつつ、今のところこの体制で問題はなさそう。
最後まで決定版が見つからず迷っていたカバーとA6メモにようやく好みのタイプが
発見できて本当に嬉しい!
これで私の手帳ジプシー歴にもピリオドが打てる、かも。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。