プロフィール

M

  • Author:M
  • blog “夢の巷”
    日々の感想文。

    エレファントカシマシのファンになって1○年。しかし最近はチケットがとれにくくなってきたためめっきりライヴには行かなくなってしまいました。
    近年は歌舞伎マニアと化すが、新歌舞伎座も開場し歌舞伎熱もやや沈静化。

    好きな役者さんは播磨屋=中村吉右衛門、中村歌六、中村種之助、中村米吉。萬屋=中村時蔵、中村梅枝、中村萬太郎。音羽屋さん、大和屋さん(三津五郎さんの方)も好き。上方の松嶋屋、山城屋さんもいけます。

    一番深く関わっているのは美術。ジャンルにこだわらず展覧会に足を運んでいます。
    (プロフィル写真は夜の旧歌舞伎座。)

    メールは hanaotoko [@] zoho.com まで
    (文字の間のブランクとカッコをはずして下さい)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年の展覧会&歌舞伎観覧記録

ご無沙汰しております。更新もせぬまま、また新年を迎えてしまいました。

昨年も一昨年と同様に嵐のような忙しさが続き、ブログに長文を書くという習慣が
すっかり途絶えてしまいました。Twitterの方が気軽に書けるので、ついそちらにばかり
かまけてしまったことも原因です。
ともあれ、年の区切りですので、一応昨年の展覧会総評を。
昨年は時間調整がうまくいかず、大型の展覧会をいくつも見逃してしまいました。
一年間で見に行った展覧会数は60少し欠けるくらいと、非常に少なくなっています。

しかしそのなかでも印象的な展示が数々ありました。時系列で列挙します。

「ボイスがいた8日間」@水戸芸術館
「村山槐多」@渋谷区立松濤美術館
「ウィリアム・ケントリッジ 歩きながら歴史を考える そしてドローイングは動き始めた…」@東京国立近代美術館
「小村雪岱とその時代」@埼玉県立近代美術館
「川上澄生 木版画の世界」@世田谷美術館
「美しき挑発 レンピッカ展」@BUNKAMURA
「話の話」@神奈川県立近代美術館 葉山
「岡倉天心と日本彫刻会」@小平市平櫛田中彫刻美術館
「稲垣仲静・稔次郎兄弟展」@練馬区立美術館
「天狗推参!」@神奈川県立歴史博物館
「国宝源氏物語絵巻」@五島美術館

以上はどれも見ていてテンションの上がる展覧会でしたが、なかでも
ウィリアム・ケントリッジや小村雪岱、ノルシュテイン展はいちいち
目に焼き付けるようにして凝視してしまいました。
展覧会をそんなにたくさん見られなかった年だと思っていましたが、
こうして挙げてみると、とても充実した展示が多かったのだと改めて思います。

歌舞伎は、現歌舞伎座最後となる四月大歌舞伎の千秋楽第一部を見て以降、
なんだか燃え尽きた感があります。
4月以降も、吉右衛門丈の俊寛や、仁左衛門丈の荒川の佐吉など素晴らしい
舞台がありました。
しかし、やはり印象深い上演はすべて歌舞伎座でのものになってしまいます。
四月の歌舞伎座第一部、千秋楽の熊谷陣屋での、観客全員が息を詰めて舞台を見入る
あの一体感と、それを受け神懸かった演技を見せた吉右衛門・藤十郎丈を見てしまうと、
その後脱力してしまうのも仕方のないことかも、と思います。
それに歌舞伎座は本当に素晴らしかった。今ではあの場に身を置くためにほとんど
毎月歌舞伎に足を運んでいたのだろうとすら思えてきます。
かなりいただけない演舞場のつくりを見るにつけ、劇場という器がいかに観劇に
大切な要素かと今更痛感しています。
以前よりもモチベーションが下がっているのは否めませんが、今年も素晴らしい舞台に
どれくらい出会えるか、今から楽しみにしています。

そしてエレカシは…現在引き続き静観中(実は新譜も買っていません)。
寂しいような悲しいような、妙な気分です。

今年は少し時間が出来ると思いますので、引き続きこの場をよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。