プロフィール

M

  • Author:M
  • blog “夢の巷”
    日々の感想文。

    エレファントカシマシのファンになって1○年。しかし最近はチケットがとれにくくなってきたためめっきりライヴには行かなくなってしまいました。
    近年は歌舞伎マニアと化すが、新歌舞伎座も開場し歌舞伎熱もやや沈静化。

    好きな役者さんは播磨屋=中村吉右衛門、中村歌六、中村種之助、中村米吉。萬屋=中村時蔵、中村梅枝、中村萬太郎。音羽屋さん、大和屋さん(三津五郎さんの方)も好き。上方の松嶋屋、山城屋さんもいけます。

    一番深く関わっているのは美術。ジャンルにこだわらず展覧会に足を運んでいます。
    (プロフィル写真は夜の旧歌舞伎座。)

    メールは hanaotoko [@] zoho.com まで
    (文字の間のブランクとカッコをはずして下さい)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新春ライヴ@C.C.Lemonホール

皮肉ではなく、よく練られた楽しめる"コンサート"だった。
最初から最後まで楽しんで聞くことができたが、心ざわざわする瞬間は無かった。
新曲は、多くの人の耳に届きそうな、ポップな曲だった。移籍後のシングル路線。
今日が初聞きだったが、残念ながらすでに記憶にない。聴いた時のデジャヴ感だけが残っている。
まあ、今のエレカシはこういうモードで、私が聞きたいものとは方向が違うのだから仕様がない。
現状が確認できて、なんだかさっぱりした。

宮本が丁寧に唄うと、曲の良し悪しがはっきりすると実感した。
「良し悪し」というより、曲の「厚さ」「薄さ」と言うべきか。

アンコールラスト、ダークサイド全開、渾身の「待つ男」が恐ろしく良かった。
正直、この一曲で今日のライヴの記憶が全部塗りつぶされてしまった。

これを最後の最後に持ってくるというのは本当によく考えられた構成だな、と思う。
しかし、今の気分やライヴ構成にそぐわないようなら、無理にエピック期の曲を
やらなくても良いのでは、とも思った。
(そういえば、前半の「真冬のロマンチック」も良かったなぁ。)

いずれにしても、今のエレカシを色んな意味で体感できたライヴだった。
まあ思うところは色々ですが、これからも彼らを見続けていこうと思います。
スポンサーサイト

Comment

ご機嫌うるわしかったですか。

宮本先生の今の気分が安定ポジティブなんだろうことや、移籍後のライヴ構成上、エピック期の曲はたぶん【どうしても必要なもの】でも今のところないんじゃないか?と思い出したのが桜散る武道館で、その後の野音を見て、しばらくは野音だけでいいかな、と納得した自分の状態を、今確かに認識しました。

去年末YOSHII BUDOKAN 2008 VOLT LIVE & INTERVIEWを見ました。ソロになって5年か、もの凄くよかったです。ファンクラブ入ろっかな、激しくリピート中(笑)

Re: タイトルなし

mikakoさま
いや、本当にライヴ自体は楽しかったんですよ。たぶん、エピック時代の曲を
一レパートリーとして聞くには、これまでの記憶が重く、鮮烈すぎるんでしょうね。
比較的古株なファンゆえの悲しさです。

Kさま
内緒コメントありがとうございました。色々書きましたが、先生の声は絶好調だし
トミのドラムが超絶素晴らしいので、大阪も楽しいライヴになると思います。
楽しんでいらして下さい!

あけましておめでとうございます

KY=今年もよろしくです。
正月早々元旦は、エンケン歌い初めにお参りして来ました。福袋も買いました。お古のズボンも買いました。エンケンお引っ越しだそうでブログでもはしゃいでます。

Re: あけましておめでとうございます

お返事遅れて申し訳ないです。こちらこそ今年もよろしくお願いします(そうか、KYなのか)。
エンケンもますますお元気みたいですな。新しいCDボックスも出ましたね(買ってないけど)。
ところで頭脳警察のドキュメンタリーはもう見ましたか?橋本治氏がパンタの友達ということでご出演されているらしく、ちょっと気になっています。もし見てたらまた感想を聞かせて下さいな。
ところで年末にあった目黒の炭鉱展、見逃してしまったのは痛恨の極みです。おもしろかったんだってね。せめてカタログだけでも手に入れねば。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。