プロフィール

M

  • Author:M
  • blog “夢の巷”
    日々の感想文。

    エレファントカシマシのファンになって1○年。しかし最近はチケットがとれにくくなってきたためめっきりライヴには行かなくなってしまいました。
    近年は歌舞伎マニアと化すが、新歌舞伎座も開場し歌舞伎熱もやや沈静化。

    好きな役者さんは播磨屋=中村吉右衛門、中村歌六、中村種之助、中村米吉。萬屋=中村時蔵、中村梅枝、中村萬太郎。音羽屋さん、大和屋さん(三津五郎さんの方)も好き。上方の松嶋屋、山城屋さんもいけます。

    一番深く関わっているのは美術。ジャンルにこだわらず展覧会に足を運んでいます。
    (プロフィル写真は夜の旧歌舞伎座。)

    メールは hanaotoko [@] zoho.com まで
    (文字の間のブランクとカッコをはずして下さい)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日ラジオで清志郎さんの「Oh! RADIO」を聞いた。
こんな歌を唄える人が亡くなるはずがない、と思ってしまった。
直前の録音というにはあまりに力に溢れすぎている。

このところの様々な出来事が、自分の死(生)に対する態度を問うているように感じられる。
あたりまえのことをただ淡々と続けられるようになりたいと思う。
スポンサーサイト

Comment

白状すると、あれから涙一滴流していないし、寂しい気持ちにもなれないままです。ただ自分が普通じゃないと思えるのは、あの人の曲しか聴けなくなってることくらい。
実感が無いというよりも、やっぱりこの人生きてるんじゃないかな。「みんなの心の中」とかじゃなくて、もっとリアルな感じで。

そう思う!

私は初期のサクセションを聞いたり見たりしていると何だか胸苦しくなってきます。ファンといえるような立場じゃなかったはずなのに、我ながら変だと思う。
本当に、あれから存在の生々しさがどんどん増してくる感じ。まだ生きてるというか、死んでいないみたい。
新作は、少し時間が経ってから買おうと思います。

ゼリーがいるじゃないか。清志郎が変装してるとかいう間違った情報に踊らされてる奴らは多いが、このとおりあちこちで目撃情報が挙ってるぜ。

というナイスな人々もいます。

あ、

本当だ!ゼリーさんなら今でも日本各地に出没していそう…要チェックな掲示板をありがとう。
そういえば、三沢もあんなことになってしまって。私は新日派でしたが、三沢さんの殉職にはやり切れない思いです。エンケンの「輪島の瞳」の歌詞を思い出します。

mixiではさらにディープな情報が。

Re: タイトルなし

見ましたよ-。敬意を表していまさらですがコミュに参加させて頂きました。
NLFにーさんも結構書き込んでるんですね。これからもチェックしますわ。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。