プロフィール

M

  • Author:M
  • blog “夢の巷”
    日々の感想文。

    エレファントカシマシのファンになって1○年。しかし最近はチケットがとれにくくなってきたためめっきりライヴには行かなくなってしまいました。
    近年は歌舞伎マニアと化すが、新歌舞伎座も開場し歌舞伎熱もやや沈静化。

    好きな役者さんは播磨屋=中村吉右衛門、中村歌六、中村種之助、中村米吉。萬屋=中村時蔵、中村梅枝、中村萬太郎。音羽屋さん、大和屋さん(三津五郎さんの方)も好き。上方の松嶋屋、山城屋さんもいけます。

    一番深く関わっているのは美術。ジャンルにこだわらず展覧会に足を運んでいます。
    (プロフィル写真は夜の旧歌舞伎座。)

    メールは hanaotoko [@] zoho.com まで
    (文字の間のブランクとカッコをはずして下さい)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいことばかりはありゃしない

決して快調とはいえませんが、毎日やることは沢山あるので、そろそろ復活しないといけません。

Zepp東京のエレカシワンマン2デイズですが、私は明日見に行きます。
今回はレコ発ツアー的な内容のようなので、まあまったりと見るつもりです。
東京ならではの瞬間が体験ができればよいなぁ…と密かに楽しみにしています。

のばしのばししているアルバムについての感想は…、

・言葉が聞き取りやすいものと聞き取り難いものが二極化
・曲調もポップなものと「(70'sの)洋楽」風なものと二極化
・これらが混在して、曲順も含め絶妙なバランスをとっている。
・が、個人的にはこの両極がうまく混じり合ったものの方が好き。一曲えらぶなら「あの
 風のように」。
・ロックはロックでも、わざわざ洋楽風にしているところが謎。(これは前作の「Flyer」
 でも感じた。)
・曲の中に、スティーヴィー・ワンダーの「Sir Duke」風のフレーズがあってちょっと受けた。
・「It's my life」だけにはどうしても既成曲のデジャヴを感じてしまってつい飛ばしてしまう。
・「おかみさーん」のフレーズの破壊力は凄いが、「ひょひょひょひょうろく玉~」のインパクト
 にはやはり勝ててないかな。

音は今までで一番いろんなアイディアと技術が駆使されているような気がしました。
「Good morning」の香りもそこはかとなくするような…。
少なくとも前作よりは聴く機会が多いだろうと思うので、もう少し聞き込んでみます。

前のエントリーで移籍前の状況を「暗闇」と書きましたが、実はあの時代が一番
好きです。
この間たまたま「バトル・オン・フライデー」の映像を引っ張り出して見てみましたが、
あの頃創造の過程をライヴでわずかでも垣間見られた事は幸運でした。
「俺の道」「風」「町を見下ろす丘」は中期エレカシの金字塔だと思っています。

[追記]とみさんコメントありがとうございます!
東京でのライヴは無事決行されそうです(お客の年齢層も関係?笑)。
関西でも、当初の厳戒体制から現実的な対応に変わりつつあるみたいですから、
大丈夫なのでは?このまま変事なく収束して欲しいですね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。