プロフィール

M

  • Author:M
  • blog “夢の巷”
    日々の感想文。

    エレファントカシマシのファンになって1○年。しかし最近はチケットがとれにくくなってきたためめっきりライヴには行かなくなってしまいました。
    近年は歌舞伎マニアと化すが、新歌舞伎座も開場し歌舞伎熱もやや沈静化。

    好きな役者さんは播磨屋=中村吉右衛門、中村歌六、中村種之助、中村米吉。萬屋=中村時蔵、中村梅枝、中村萬太郎。音羽屋さん、大和屋さん(三津五郎さんの方)も好き。上方の松嶋屋、山城屋さんもいけます。

    一番深く関わっているのは美術。ジャンルにこだわらず展覧会に足を運んでいます。
    (プロフィル写真は夜の旧歌舞伎座。)

    メールは hanaotoko [@] zoho.com まで
    (文字の間のブランクとカッコをはずして下さい)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災い転じて…

先日の武道館ライブ以来、エレカシ熱が盛り上がっている。
直後のFM東京事件がさらに後押しして、ファン魂に再び火が付いた。
主な掲載誌も買って読んだが、どのインタビューでも宮本が丁寧に過去と
現在の心境を語っていてとてもおもしろい。

勢い余ってCSの番組までチェックし、昨夜のMTVのビデオクリップ2時間
特集まで正座して見てしまった。
東芝時代、年々予算が削られていく雰囲気に涙し、また移籍後のPVで宮本が
心機一転、俄然張り切っている様子が伝わってきてこっちまでうれしくなった。
最近のシングル曲の間に、「どこへ?」のライブ映像と「悲しみの果て・
第一バージョン」を入れてくれた構成に番組制作者の深い愛を感じた。

そしてなんとポスター目当てにタワレコで予約まで入れてしまった。
少し前の自分からすれば考えられない行動である。

ラジオのあれは期せずして起きた騒動だったけど、大事にもならずアルバム
リリース前に無事収束したし、ある意味先生の性格も改めてよく知れて
結果的には100%悪いことばかりでもなかったかなぁ、と思う。
(もちろん当事者の誠実さと適切なフォローが前提でありすべてであるが。)
今回本当に怖いと思ったのは、たとえ意図しなくても、ちょっとした言葉の
端々にもその人の人間性がはっきり現れてしまうということだ。こればかりは
どうやっても取り繕えるものではない。
もって他山の石とすべきエピソードだと思った。

今はとにかくリリース日が楽しみだ。
今回、エレカシにとって良い結果がでますように。

[追記] mikakoさん、kさん、コメントありがとうございました!
スポンサーサイト

Comment

再燃何よりです。

コメントどうもありがとうございます!
個人的には移籍で一区切りついたつもりだったのですが、
武道館で「まだ諦めていない宮本」が見えた気がしまして…。
不安な気持ちも多少ありますが、とにかく新作を聴いて
みようと思います。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。