プロフィール

M

  • Author:M
  • blog “夢の巷”
    日々の感想文。

    エレファントカシマシのファンになって1○年。しかし最近はチケットがとれにくくなってきたためめっきりライヴには行かなくなってしまいました。
    近年は歌舞伎マニアと化すが、新歌舞伎座も開場し歌舞伎熱もやや沈静化。

    好きな役者さんは播磨屋=中村吉右衛門、中村歌六、中村種之助、中村米吉。萬屋=中村時蔵、中村梅枝、中村萬太郎。音羽屋さん、大和屋さん(三津五郎さんの方)も好き。上方の松嶋屋、山城屋さんもいけます。

    一番深く関わっているのは美術。ジャンルにこだわらず展覧会に足を運んでいます。
    (プロフィル写真は夜の旧歌舞伎座。)

    メールは hanaotoko [@] zoho.com まで
    (文字の間のブランクとカッコをはずして下さい)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三月大歌舞伎@歌舞伎座(昼・夜)

今月も歌舞伎座に行ってきました。
『元禄忠臣蔵』通し上演だが、これを3階で昼夜見通すのは正直しんどかった。暗転多いし。

睡魔に襲われている時間帯も長かったのだが、やはり仁左衛門さんの内蔵助が
拝見していて一番楽しく、また迫力に満ちていたと思う。「御浜御殿」での愛嬌、華やかさ、
台詞廻しの素晴らしさは初心者にもよく判る。対する富森助右衛門役の染五郎も良かった。
「最後の大評定」は個人的には歌六・種太郎の萬屋さんたちが見所だった。そしてお二人とも
期待に違わずすばらしかった。
「南部坂雪の別れ」では我當さんの朗々たる台詞廻しが記憶に残っている。

その頃は全く知らず見逃してしまったが、2006年国立での通し上演も見てみたかった。
返す返すも残念。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。