プロフィール

M

  • Author:M
  • blog “夢の巷”
    日々の感想文。

    エレファントカシマシのファンになって1○年。しかし最近はチケットがとれにくくなってきたためめっきりライヴには行かなくなってしまいました。
    近年は歌舞伎マニアと化すが、新歌舞伎座も開場し歌舞伎熱もやや沈静化。

    好きな役者さんは播磨屋=中村吉右衛門、中村歌六、中村種之助、中村米吉。萬屋=中村時蔵、中村梅枝、中村萬太郎。音羽屋さん、大和屋さん(三津五郎さんの方)も好き。上方の松嶋屋、山城屋さんもいけます。

    一番深く関わっているのは美術。ジャンルにこだわらず展覧会に足を運んでいます。
    (プロフィル写真は夜の旧歌舞伎座。)

    メールは hanaotoko [@] zoho.com まで
    (文字の間のブランクとカッコをはずして下さい)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二月大歌舞伎(夜の部)@歌舞伎座

歌舞伎座さよなら公演第二弾の二月大歌舞伎。
まずは夜の部。吉右衛門さん数年ぶりの弁慶ということで、一等席を張り込んだら
ずいぶん前の方の席が来て訳もなくビビる。

「蘭平物狂」 前半の乱心した蘭平の舞踊と後半の大立ち回りが見所。
三津五郎さんは色々な所作に隙がなく、身体のてっぺんからつま先までびしっと
決まった形の美しさをむさぼり見るだけでこのお芝居を充分堪能できた。
多数の四天が入り乱れる後半の立ち回りは、危険を伴うシーンも多々あり、捕り手と
三津五郎さんの呼吸を合わせる緊迫感がいやというほど伝わってきて、正直お芝居を
楽しむ余裕がなかった…。
後日遠くの席で見てようやく大立ち回りの迫力を楽しむことができました。

「勧進帳」 初心者なのでよくは判らないけれど、今回「勧進帳」を見て、演者が違うと
同じお芝居でも全くの別物になるということを実感できたように思う。
團十郎さんが愛嬌ある人気キャラクター、仁左衛門さんが無敵のスーパーヒーロー
だとすれば、吉右衛門さんの弁慶は苦悩する中間管理職といった感じか。
主を守るための命を賭けた大芝居をいかにやり遂げるか、そのプレッシャーと戦い、
知恵と有無を言わさぬ裂帛の気合いで危機を乗り切る、ある意味現代人が感情移入の
し易そうなリアルな弁慶だった。
ただ吉右衛門さんの迫力とスケール感と存在感は半端ではなく、見ているこちらも
圧倒されて思い切り肩が凝る。

延年の舞の場面に到っても、まだ脱出は完全に成功してはいない訳で、いくら酒をつがれ
痛飲しても、弁慶からは愛嬌より毫も気を抜いていない緊張感が感じられる。
(決して流麗な踊り、という感じでもないですし。)
六法を踏んでの引っ込みも、豪快さより大仕事をやり遂げた達成感というものをより強く感じた。
ちなみに私が見た開けて直ぐの頃は吉右衛門さんは喉の調子がお悪そうだったが、
後日改めて観劇した際には大分復調しておられたようだった。

「三人吉三」 玉三郎さん、松緑さん、染五郎さん。
玉三郎さんの七五調の台詞回しがあまり耳に心地よく聞こえなかった。何だかヘンな感じ。
口の中で台詞をもごもご言っているような印象。三人のなかでは松緑さんが一番
違和感がなかった。染五郎さんは喉が辛そう。
しかし玉三郎さんの一挙手一投足がお客さんにウケてました。人気を実感。

昼の部は別の日に見に行く予定です。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。