プロフィール

M

  • Author:M
  • blog “夢の巷”
    日々の感想文。

    エレファントカシマシのファンになって1○年。しかし最近はチケットがとれにくくなってきたためめっきりライヴには行かなくなってしまいました。
    近年は歌舞伎マニアと化すが、新歌舞伎座も開場し歌舞伎熱もやや沈静化。

    好きな役者さんは播磨屋=中村吉右衛門、中村歌六、中村種之助、中村米吉。萬屋=中村時蔵、中村梅枝、中村萬太郎。音羽屋さん、大和屋さん(三津五郎さんの方)も好き。上方の松嶋屋、山城屋さんもいけます。

    一番深く関わっているのは美術。ジャンルにこだわらず展覧会に足を運んでいます。
    (プロフィル写真は夜の旧歌舞伎座。)

    メールは hanaotoko [@] zoho.com まで
    (文字の間のブランクとカッコをはずして下さい)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月の歌舞伎

1月末は多忙になることを見越して、松の内に三座を見ておいた。
歌舞伎座夜の部、浅草第一部、国立。

歌舞伎座は「壽曽我対面」が目当て。もちろん播磨屋さんの五郎が見たいが故。
決まった時のかたちの良さとほとばしる気合いに大満足。
菊五郎丈の十郎も品が良くて素敵だった。
「春興鏡獅子」「鰯売恋曳網」は気楽に楽しんだ。
まだまだちっちゃい玉太郎君をこれから応援したい!と思った(笑)。

浅草第一部、亀治郎はあまりつくり阿呆に見えない一条大蔵卿だった。
松也さんの女形は結構好きかも。
「土蜘蛛」はすみません、中盤かなり寝てしまい印象が薄いです…。
(最近見た菊五郎丈の舞台のインパクトが強いもので…。)

国立は、新春らしく古難しいことは抜きに楽しみましょう、という雰囲気。
「象引」は筋は他愛ないが團十郎丈が出てくるだけであのキャラクターに説得されてしまう。
「十返りの松」は成駒屋の授業参観日みたい。
最後の「競艶仲町」は、初演以後上演歴なしと思えない出来でおもしろく拝見できた。
市蔵さん、団蔵さん、芝喜松さん、芝のぶさん、三津之助さんといった脇の方々が良かった。
三津五郎丈には信義に厚い男の役が良く似合っていたが、福助さんは、遊女都は
いいとしてもお早の演技にはちょっと引いてしまった…(だってブリっ…ゲホゲホ)。

さよなら公演がスタートして、歌舞伎座はいつも以上の客足で賑わっている。
歌舞伎は見たことがないけれど、せっかくだから建て替え前に一度あの空間を体験して
おきたい、という人が多いように思う。
松竹には歌舞伎座解体を機に歌舞伎のお客の裾野を拡げたいという思惑があるんだろうな…。
いわば"捨て身の商法"、ともいうべきなんだろうが、本末転倒しているようで納得がいかない。
建て替えざるを得ないにしても、せめてオフィスビルの外観はきちんと考えて作ってほしい。
松竹スクエアみたな総ガラス張りは勘弁。

いまのうち、歌舞伎座に通い倒してあの空間をしっかり五感に刻んでおこう。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。