プロフィール

M

  • Author:M
  • blog “夢の巷”
    日々の感想文。

    エレファントカシマシのファンになって1○年。しかし最近はチケットがとれにくくなってきたためめっきりライヴには行かなくなってしまいました。
    近年は歌舞伎マニアと化すが、新歌舞伎座も開場し歌舞伎熱もやや沈静化。

    好きな役者さんは播磨屋=中村吉右衛門、中村歌六、中村種之助、中村米吉。萬屋=中村時蔵、中村梅枝、中村萬太郎。音羽屋さん、大和屋さん(三津五郎さんの方)も好き。上方の松嶋屋、山城屋さんもいけます。

    一番深く関わっているのは美術。ジャンルにこだわらず展覧会に足を運んでいます。
    (プロフィル写真は夜の旧歌舞伎座。)

    メールは hanaotoko [@] zoho.com まで
    (文字の間のブランクとカッコをはずして下さい)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月の展覧会雑感vol.3

ウィーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密展@国立新美術館

あまり期待せず気楽に見に行ったのだが、これもまた非常に面白かった。
絵画が裕福な市民層に売られる時代、静物画・風俗画は一種の調度品だったといえる。
売れ筋のテーマを描く職業画家がそれらを手がけているのだが、静物画といっても力の入りっぷりや
抜きっぷり、売りになる技などが十人十色、百花繚乱といった風で見ていて飽きない。
展示されている作家のほとんどが、ある水準を保ちながらそれだけの個性を発揮しているのが
壮観で、画家の水際だった職人技を堪能できた。
(例外的に数人、なんかミョーな作品を残している人もいたましたが…)
後半、かなりスカスカした作品が増える中、ルーベンスとベラスケスで空間をドーンと締める
構成も面白かった。
ベラスケスはやはり一人突出してました。


小袖(後期)@サントリー美術館

一私企業(松坂屋)がこれだけのコレクションを散逸させず蒐集・保管していることに驚いた。
古裂や名作衣装をいかに残し、愛でるかについて江戸時代にはあらゆる工夫がされている。
軸に表装する、袈裟にする、敷物にする、袱紗にするなど、再利用が徹底されている。
更紗など異国の裂も活用した江戸の美意識の斬新さに感嘆した。
また、江戸の夜着というものを初めて見たが、意味を優先した場違いなまでの壮麗さが
興味深かった(「隠れ蓑」って、確かに元々はそういう意味なのね…)。
岡田三郎助関係資料が出ており、得した気分。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。