プロフィール

M

  • Author:M
  • blog “夢の巷”
    日々の感想文。

    エレファントカシマシのファンになって1○年。しかし最近はチケットがとれにくくなってきたためめっきりライヴには行かなくなってしまいました。
    近年は歌舞伎マニアと化すが、新歌舞伎座も開場し歌舞伎熱もやや沈静化。

    好きな役者さんは播磨屋=中村吉右衛門、中村歌六、中村種之助、中村米吉。萬屋=中村時蔵、中村梅枝、中村萬太郎。音羽屋さん、大和屋さん(三津五郎さんの方)も好き。上方の松嶋屋、山城屋さんもいけます。

    一番深く関わっているのは美術。ジャンルにこだわらず展覧会に足を運んでいます。
    (プロフィル写真は夜の旧歌舞伎座。)

    メールは hanaotoko [@] zoho.com まで
    (文字の間のブランクとカッコをはずして下さい)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月の展覧会雑感vol.1

ジュリアン・オピー展@水戸芸術館

この間からファッション誌などで大々的に取り上げられており、広告デザイン系の作家さんなのかと
軽い気持ちで出かけてみた(これで判るように予備知識ゼロ・笑)。
実は…美術のすごく根本的かつオーソドックスな問題(=人体表現と肖像)に取り組む
とてもおもしろいアーティストでした。
人体や人の姿を極限までミニマルな線や色で表しながら、動きや個性まで描きとる技に
軽い感動を覚えました。なおかつ、ポップカルチャーやテクノロジーなど現代的な要素もしっかり
組み込まれているのがスゴい。
後半の、今様「江戸名所百景」風の日本風景が非常に刺激的でした。オススメです。


明治の洋画ー解読から鑑賞へー@茨城県立近代美術館

これもまた、コンセプト優位の展覧会。しかし、明治初期~中期の名品や珍品が並んでいて
それだけでも充分見応えアリ。
いずれにせよ、コンセプトを視覚的に判りやすいように伝えるのは至難の業だ…。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。