プロフィール

M

  • Author:M
  • blog “夢の巷”
    日々の感想文。

    エレファントカシマシのファンになって1○年。しかし最近はチケットがとれにくくなってきたためめっきりライヴには行かなくなってしまいました。
    近年は歌舞伎マニアと化すが、新歌舞伎座も開場し歌舞伎熱もやや沈静化。

    好きな役者さんは播磨屋=中村吉右衛門、中村歌六、中村種之助、中村米吉。萬屋=中村時蔵、中村梅枝、中村萬太郎。音羽屋さん、大和屋さん(三津五郎さんの方)も好き。上方の松嶋屋、山城屋さんもいけます。

    一番深く関わっているのは美術。ジャンルにこだわらず展覧会に足を運んでいます。
    (プロフィル写真は夜の旧歌舞伎座。)

    メールは hanaotoko [@] zoho.com まで
    (文字の間のブランクとカッコをはずして下さい)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五月大歌舞伎@新橋演舞場(昼の部)

前々から楽しみにしていた五月大歌舞伎に行ってきた。
記録用メモなので所々が意味不明かもしれませんがご容赦を。

昼の部。
「毛谷村」は染五郎・亀治郎の若手コンビ。
 亀ちゃんは、上手いは上手いんだけれどちょっと頑張りすぎなのか、今ひとつ場から
 浮いているように見えた。
 関係ないが亀ちゃんの顔が結構コワい(笑)。もっと可愛く作った方が似合うと思う。
 吉之丞さんは相変わらず気品があって素敵だ。
 染五郎の生着替え、昨年の「清水一角」に続いて二回目の遭遇。

「藤娘」愛嬌が溢れている、とも言えるが、そこはかとない大衆演劇風味を感じた。
「三社祭」お面をつけてからは亀ちゃんの独壇場。切れの良い動きを堪能しました。
「勢獅子」歌昇さんうまいなぁ。三階さんが大活躍だった。
     手古舞の京妙さん(=出雲の阿国)と段之さん(=三条夫人の侍女)を見るとも
     なくつい注目してしまった。

「一本刀土俵入り」酌婦の芝雀さんというのは最初イメージが湧かなかったが、
 荒んでいてもどこまでも情の深いお蔦さんで見ていてじわっときた。
 吉右衛門丈はやっぱり懐が深い。演じる人物の線が太くて大きい。
 前半と後半の変貌振りが見事で、とりわけラストの立ち姿の美しさに見惚れた。
 敵役の歌六さんも柄の大きな悪を演じていて、こちらもまた素敵だった。
 澤村由次郎さん、時々惚けの入るじいさん役が持ち役になってきた?
 種太郎君は若さの持つ危うさを感じさせる役者さんでいつも気になっている。
 7月の歌舞伎鑑賞教室も楽しみです。

全体的にやや地味かなと思ったが、最後の「一本刀」が素晴らしかったのもあって
見終わった後に確かな充実感があった。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。