プロフィール

M

  • Author:M
  • blog “夢の巷”
    日々の感想文。

    エレファントカシマシのファンになって1○年。しかし最近はチケットがとれにくくなってきたためめっきりライヴには行かなくなってしまいました。
    近年は歌舞伎マニアと化すが、新歌舞伎座も開場し歌舞伎熱もやや沈静化。

    好きな役者さんは播磨屋=中村吉右衛門、中村歌六、中村種之助、中村米吉。萬屋=中村時蔵、中村梅枝、中村萬太郎。音羽屋さん、大和屋さん(三津五郎さんの方)も好き。上方の松嶋屋、山城屋さんもいけます。

    一番深く関わっているのは美術。ジャンルにこだわらず展覧会に足を運んでいます。
    (プロフィル写真は夜の旧歌舞伎座。)

    メールは hanaotoko [@] zoho.com まで
    (文字の間のブランクとカッコをはずして下さい)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RSR!

全くノーマークでしたが、エゾにエレカシキターーーーー!!!

RSR ARTIST LINE UP

……でも今年は行けないorz
行ける方、どうぞガッツリ楽しんできて下さい。
スポンサーサイト

来日希望!

最近知ったのですが、今年Mott the Hoopleが再結成して10月にロンドンでライヴをやるんだとか。
発売後速攻で売り切れ、追加公演も即日ソールド・アウトだったらしい。
もちろん見に行くことはかないませんが、折角なので一度でいいから来日して欲しい…。

YouTubeで70年前後のライヴ映像を見ることができますが、ハードな熱さとクールさが
共存していて滅茶苦茶格好いい。
後追いだから言えるのかもですが、なんで未だにそれほど評価が高くないのか、
個人的には不思議です。

たとえば、1971年のこれとか、
http://www.youtube.com/watch?v=zQD27hoKaPI

オリジナル曲以外のこれ
http://www.youtube.com/watch?v=4pbDfP39_6A
なんかも凄いと思うんですが。

イアン・ハンター(今年で御年70歳!)の単独来日も願ってます。
声も変わってますけど、是非一度は見ておきたいのです。

今日ラジオで清志郎さんの「Oh! RADIO」を聞いた。
こんな歌を唄える人が亡くなるはずがない、と思ってしまった。
直前の録音というにはあまりに力に溢れすぎている。

このところの様々な出来事が、自分の死(生)に対する態度を問うているように感じられる。
あたりまえのことをただ淡々と続けられるようになりたいと思う。

[追記]

とみさん、コメントありがとうです!
宮本先生もめっきり老けましたねー。半目で考え込む姿が段々年相応になってきました。
そういう私もしっかり老けてきていますけどね。

そうそう、すっかり忘れてましたが、数年前のライヴで「BLUE DAYS」やってたんでした。
たしか非常に重くて鬼気迫る「BLUE DAYS」だったように思います。
イントロで固まった記憶が蘇ってきました(笑)。

今月の歌舞伎

久しぶりの歌舞伎観劇ですが、新橋演舞場での五月大歌舞伎昼夜をメインに、
歌舞伎座の夜の部のみを見てきました。
このところロックな頭になっていたので、歌舞伎頭に切り替えるのに少々戸惑いました(笑)。

演舞場昼の部の「金閣寺」では、吉右衛門さんの演ずる松永大膳の、色気漂う
巨悪振りが大変見応えがありました。
脇を固める芝雀さんや錦之助さん、染五郎さん達が決して小さいわけではないのですが、
とにかく吉右衛門さんの芸が突出して大きく、他を圧倒していました。
台詞もすばらしく、ひたすら吉右衛門さんの渾身の芸を堪能する一幕でした。
慶寿院の吉之丞さんが相変わらず気品に溢れていて素敵です。
雪姫の人形振りは、人形遣い役も芝雀さんも動きが制限されているなか大奮闘、と
いった感じでした。
舞台下手の黒子さんは何かと思ったら、足遣いの人だったのですね~。びっくり。

馬が大奮闘の「心猿~近江のお兼」に続く「らくだ」は、「金閣寺」とテイストが違いすぎて
どうなるかと思いましたが、死体役の由次郎さんの名演で爆笑させて頂きました。
これ、由次郎さんの当たり役では?

しかし、遊び人の半次(歌昇さん)にいいようにこき使われる立場の屑屋の久六
(吉右衛門さん)の方が最初から大きく、立派に見えるのは如何なものかと。
いつも素敵な歌昇さんですが、今月は遊び人が馴染まない生真面目な風で、なおかつ
久六を脅して使いっ走りにするような大きさが見えず、正直あまり似合っていなかった
ような気がしました。
似たようなキャラの「一本刀土俵入」のヤー公は素晴らしく良かったのに…。

夜の部、「鬼平犯科帳 狐火」は実質おまさ(芝雀さん)が主役のようなもの。
全体を通してさらっと見てしまいました。
盗賊から足を洗った源七の歌六さんが実に良いです。台詞明晰。
昼夜通して素敵に上手で、吉右衛門さんの次にガン見してしまいました。
好きです、歌六さん!
来月の歌舞伎座にも昼夜ご出演ということで、今から楽しみです。

「お染の七役」はまあ、いつもの福助さん(爆)でした。
確かに早変わりは見事ですが、あのやり過ぎる演技が私はどうも苦手です(ああ、
去年の「東海道四谷怪談」の悪夢が…)。
よかったのは奥女中竹川。先月に続き、凛とした台詞は迫力があります。
全然良いとは思わないけれど、妙に似合っていたのは狂ってしまったお光(福助さんの
狂女、あまりにリアル過ぎてほとんどホラー…)。
土手のお六は所々でやり過ぎ。受けていたのでご本人はとても楽しそうでしたが。

歌舞伎座は生憎オペラグラスを忘れてしまい、細かい部分は全く見えず。
それでも「毛剃」での團十郎さんの大きさはしっかり伝わってきました。
「夕立」の艶っぽい菊五郎さん&美しい時蔵さんがよく見えなかったのが本当に残念!
「神田ばやし」では三津五郎さんの渋い大家と、海老蔵さんの不可思議な役作り&
台詞回しが噛み合っていませんでした。うーん、違った意味で残念。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。