プロフィール

M

  • Author:M
  • blog “夢の巷”
    日々の感想文。

    エレファントカシマシのファンになって1○年。しかし最近はチケットがとれにくくなってきたためめっきりライヴには行かなくなってしまいました。
    近年は歌舞伎マニアと化すが、新歌舞伎座も開場し歌舞伎熱もやや沈静化。

    好きな役者さんは播磨屋=中村吉右衛門、中村歌六、中村種之助、中村米吉。萬屋=中村時蔵、中村梅枝、中村萬太郎。音羽屋さん、大和屋さん(三津五郎さんの方)も好き。上方の松嶋屋、山城屋さんもいけます。

    一番深く関わっているのは美術。ジャンルにこだわらず展覧会に足を運んでいます。
    (プロフィル写真は夜の旧歌舞伎座。)

    メールは hanaotoko [@] zoho.com まで
    (文字の間のブランクとカッコをはずして下さい)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秀山祭九月大歌舞伎(昼の部)@歌舞伎座

今月は歌舞伎座昼の部を二回、夜の部を一回観劇。
大好きなキッチー奮闘の月だが、演舞場もあるので本人これでも抑えたつもりである。

昼夜見たが、良かったのは昼の部。
「竜馬が行く 風雲篇」 歌六さん(勝海舟)のご出演がないのが残念だったが、
染五郎さんははまり役だし中岡慎太郎(松緑さん)、おりょう(亀ちゃん)、三吉慎蔵
(片岡松次郎さん)と周囲も好演でとても面白かった。
染五郎さんも亀ちゃんも松緑さんもどこか現代的な雰囲気を持っていて、それがこの
お芝居によく合っていたと思う。
全然関係ないが、筋書きを見るまで三吉役の松次郎さんを中村又之助さんと見誤っていた…。

「ひらかな盛衰記 逆櫓」 途中、疲れもあって落ちた瞬間があった。が、トータルで見て今月
一番良いと思った。
吉右衛門さんは、正体を顕す場面では、松右衛門の時に見せた愛嬌が嘘のように大きく
威厳ある姿となり、しかも主への義理だけでなく、義父権四郎への情もしっかり感じさせる
樋口で、さすがにさすがだった。やーー、とにかく存在がでっかい。
そして、忘れてはならないのは権四郎役の歌六さん。
孫を誤って殺された老人の悲しみ、怒り、義理の息子への気遣い、その他もろもろの感情を
台詞と所作をもって余すところなく語ってみせ、この人があればこそ吉右衛門さんが益々
光るのだと思った。
東蔵さん~歌六さん~吉右衛門さんの盤石のアンサンブルにデジャヴ感が…六月の
すし屋もこんな感じだったよなぁ。
できれば、歌昇さんをもっとよいお役で見てみたいな。

「日本振袖始」 凄いものをみてしまった…それは玉三郎さんの顔芸。
美しい赤姫が、踊りながら瓶に湛えられた酒を喰らい、酔いが回る中に大蛇の本性を
垣間見せるのだが、あの美しい玉三郎さんの顔が、一瞬で人格崩壊を起こした人間のように
ぐわっと変わり、物の怪の狂気を表現するのだ。
ほんの瞬間の変化に、周囲から低いどよめきが起こったほどだった。
中日頃に見た時は抑えめになっていたけれど、その切り替わりがあまりに見事で忘れがたい。
もちろん踊りと、蛇体に変化してからの群舞(?)も迫力があって面白かった!

三本とも粒ぞろいで、満足度の高い組み合わせでした。
スポンサーサイト

9月の展覧会雑感vol.5

展覧会のハイ・シーズンに突入したが、この時期開かれる企画展ってこんなに多かったっけ?
気合いを入れて見ていると、展覧会一本といえど結構疲れるんだよな…。

さて、まだまだ続く感想です。

ベルギーロイヤルコレクション展@太田記念美術館
残念ながら前期は見逃してしまった。
制作当時の色彩が鮮やかに残る春信がいくつか。
春信は褪色した状態がすでに自分の中の基準となっているので、鮮やかすぎる紅が却って
不自然に思えてしまった。感覚上の一種の倒錯、転倒。
歌麿の妖怪絵が良い。そして大好きな国芳の《荷宝蔵壁のむだ書》がやはり素晴らしすぎる。
なぜか赤塚不二夫を思い出した。
同時に出品されていた王立図書館の所蔵品も負けず劣らず良かったという記憶がある。

狩野芳崖ー悲母観音への軌跡@東京芸大美術館
テーマも、展示作品も非常に面白かった。
特に、習画の為の模写作品が多数出品されていたのがとても良かった。
それらを見、そしてフェノロサとの邂逅以後の作品を見ていると、何が変わってしまったのかが
よくわかる(私は、個人的にはフェノロサ以前の作品の方が面白いと思う)。
いささかグロテスクに思える明治15年以後の作品のなかで、やはり画業の集大成といえるのは
最晩年の《悲母観音》だろう。狩野派から得たものと、フェノロサから得たものとが際どいバランスを
保ちながら調和している作品だと了解。
これで入館料500円というのは破格にお得である。

五姓田のすべて(後期)@神奈川県立歴史博物館
出ている作品は後期の方が面白かった。
あまりに近代人でありすぎ、またあまりに侍でありすぎた義松の悲劇。
この人が後年まで健在であったなら、日本の洋画の歴史は大きく変わっていただろう。

アネット・メサジェ展@森美術館
性(セックスや女性性、フェミニスムを含む)、秘儀と魔術性、ユーモアと毒、それらが
渾然一体となった作品。かなり好きな作家だ。

まだこれから横トリ、激混みだろうフェルメール、ボストン浮世絵、ピカソ、大琳派展などなどが
控えていて先が思いやられる…。

玉砕…

先週の土曜日は、エレカシのJCBホールワンマン2daysの一般発売日だった。
先行で敗れ去り、わずかな希望を胸にこの日に賭けてみたものの、日程選択画面にすら
たどり着けず、私と友人は敢えなく敗れ去ったのでした。

今回は、これまでとは違って相当チケットが取りにくくなっているだろうと覚悟はしていたが、
それにしてもここまで新旧のファンが盛り上がっているとは。
今回こそはもうダメかも…と弱気になりながらも、最後まで望みを捨てず情報を集め、
なんとかしてチケットを入手したいと思います。
エレカシの現状を知る意味でも、今度のライヴは是非見ておかないとね。

9月の展覧会雑感vol.4

夏風邪にやられておりました。変な気候のせいか、なかなか治りが悪くて参ります。

さて、引き続き9月の展覧会感想です。

明治の七宝@泉屋博古館
清水三年坂美術館の所蔵品を多数借用してきた展示。日本の七宝の歴史のはじまりと発展を
たどることができる。
技術の概略を紹介するコーナーもあり、気が遠くなりそうな超絶技巧が必要な技法だと初めて
具体的に知った。
好みで言えば林谷五郎。また無銘のもののなかにも繊細さを感じさせる図柄がある。
時代の下った京都系の作品のなかに、いかにも土産物じみた下手なものが現れていたのが
おもしろい。

紙で語る@大倉集古館
こちらは静岡の特種製紙株式会社の収蔵品を中心とした展示。1000年以上前の経文や文書などが
ずらずら出てくる様は迫力がある。石山切、宋本、百万塔陀羅尼、奈良絵本、丹緑本、大津絵など、
いずれも質と状態の良いものが出品されており、ひたすらそれらを目で堪能した。
技術革新が進んでも、紙というシンプルなマテリアルこそが結局は最強であると改めて確信し、
なんとなく溜飲を下げた思いで館を出た(笑)。

今月も歌舞伎座昼夜を二回ずつ見た。
今年に入ってから数えてみると、もう30回以上は歌舞伎を見ていた。
年期の入った愛好者から見れば可愛らしいものだろうが、はまり方が急すぎて我ながら恐ろしい。
今月の感想はいずれ別口にて。

9月の展覧会雑感vol.3

ウィーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密展@国立新美術館

あまり期待せず気楽に見に行ったのだが、これもまた非常に面白かった。
絵画が裕福な市民層に売られる時代、静物画・風俗画は一種の調度品だったといえる。
売れ筋のテーマを描く職業画家がそれらを手がけているのだが、静物画といっても力の入りっぷりや
抜きっぷり、売りになる技などが十人十色、百花繚乱といった風で見ていて飽きない。
展示されている作家のほとんどが、ある水準を保ちながらそれだけの個性を発揮しているのが
壮観で、画家の水際だった職人技を堪能できた。
(例外的に数人、なんかミョーな作品を残している人もいたましたが…)
後半、かなりスカスカした作品が増える中、ルーベンスとベラスケスで空間をドーンと締める
構成も面白かった。
ベラスケスはやはり一人突出してました。


小袖(後期)@サントリー美術館

一私企業(松坂屋)がこれだけのコレクションを散逸させず蒐集・保管していることに驚いた。
古裂や名作衣装をいかに残し、愛でるかについて江戸時代にはあらゆる工夫がされている。
軸に表装する、袈裟にする、敷物にする、袱紗にするなど、再利用が徹底されている。
更紗など異国の裂も活用した江戸の美意識の斬新さに感嘆した。
また、江戸の夜着というものを初めて見たが、意味を優先した場違いなまでの壮麗さが
興味深かった(「隠れ蓑」って、確かに元々はそういう意味なのね…)。
岡田三郎助関係資料が出ており、得した気分。

9月の展覧会雑感vol.2

NIPPONの夏(後期)@三井記念館

基本的に江戸期の着物と江戸末の浮世絵、そして江戸末~明治の工芸品という構成。
出品作品の多くを「個人蔵」が占めていたのが印象に残っています。
工芸品がいい。特に柴田是真はいいなぁ。
タイトルの付け方に担当者の方のご苦労がうかがえる、ような気がした。


レフト・オーヴァーズ@メゾンエルメス

親密な印象を与えるインスタレーション。食卓から世界が見える。壁のドローイングを見落とすと、
面白みが半分、あるいはそれ以上なくなります。行かれる方は要注意!



展覧会雑感に紛れてこの辺でつぶやいておく。
今年の野音で聞いたエレカシの新曲は初聞きではなんとも感心しなかった。
言葉は非常に悪いけれど、すでにどこかで聞いたような、二番煎じな印象の曲。
タイアップ向きに作られている?と思うくらいサビが前後のメロディーから浮き上がって聞こえる。
曲が終わったとき、客席から戸惑いの空気が立ち上っているように感じたのは気のせいだろうか。
C.C. レモンのライヴは良かったけれど、今回の野音は「月と歩いた」~「月の夜」~「珍奇男」までで
大団円だったかな、自分の場合。
悪いことに、今度のJCBホールの先行がはずれてしまった。一般で取れなかったら行けなくなるかも。
以前ほどくやしくない自分が少し寂しい。

9月の展覧会雑感vol.1

ジュリアン・オピー展@水戸芸術館

この間からファッション誌などで大々的に取り上げられており、広告デザイン系の作家さんなのかと
軽い気持ちで出かけてみた(これで判るように予備知識ゼロ・笑)。
実は…美術のすごく根本的かつオーソドックスな問題(=人体表現と肖像)に取り組む
とてもおもしろいアーティストでした。
人体や人の姿を極限までミニマルな線や色で表しながら、動きや個性まで描きとる技に
軽い感動を覚えました。なおかつ、ポップカルチャーやテクノロジーなど現代的な要素もしっかり
組み込まれているのがスゴい。
後半の、今様「江戸名所百景」風の日本風景が非常に刺激的でした。オススメです。


明治の洋画ー解読から鑑賞へー@茨城県立近代美術館

これもまた、コンセプト優位の展覧会。しかし、明治初期~中期の名品や珍品が並んでいて
それだけでも充分見応えアリ。
いずれにせよ、コンセプトを視覚的に判りやすいように伝えるのは至難の業だ…。

8月の展覧会雑感

さて、間が空きましたが展覧会の感想です。

所用で関西に行き、丁度開催中の展覧会いくつかに足を運びました。
本当は広島現代美術館の石内都さんの原爆をテーマにした新作展も見たかったのですが、
スケジュールの都合で断念。

神戸市立博物館は、メディアが協賛する大規模展の巡回会場となることが多く、
こちらが所蔵しているコレクションを見る機会がこれまでありませんでした。
丁度、所蔵品がまとめて展示されているということで、これ幸いと見てきました。
いや、本当に素晴らしい展覧会でした!
国宝の桜ヶ丘銅鐸からはじまり、一遍上人絵伝断簡、古地図コレクション、南蛮屏風、長崎絵、
源内焼、中国趣味の写実絵画とその周辺、東インド会社関連の工芸品など、普段はなかなか
一時に見ることのできない名品揃いで、これだけでおなかいっぱいになりました。
塩田千春さんの展示とともにこの夏の大きな収穫でした。

青春のロシア・アヴァンギャルド(@東急Bunkamura)は、いわゆるロシア・アヴァンギャルドの
典型的作品を期待して行くと肩すかしを食らうかもしれませんが、アヴァンギャルドを文字通り
前衛的芸術として、その萌芽期の作品を幅広く見せる展示であると理解しました。
展示された作品には、当時の西欧の前衛芸術のムーヴメントがさまざまな形で解釈・吸収されて
おり、そのヴァリエーションが非常に面白い展覧会でした。
ピロスマニの位置づけがちょっと謎でしたが、彼に関しては単独の展覧会としてもっと多くの
作品を見たいと思います。

どれも面白かったのですが、唯一大きな疑問を感じたのがアトミック・サンシャイン展(@代官山
ヒルサイドテラス)でした。
非常に乱暴な説明をすれば、憲法九条の大切さを再考し、現状に警鐘を鳴らすための展覧会と
いうことになるのでしょう。しかし、その趣旨と展示作品とがどのような脈絡で結びついているのか、
実際の展示を見てもさっぱりわかりませんでした。
多くは著名な作家の旧作であり、それだけ見ていれば普通の展覧会として見ることはできますが、
展示作品はそれぞれ何のつながりも持たないままで展示され、ただキュレーターのコンセプトだけが
前のめりになり、あるいは宙づりになっている印象を受けました。
例えば憲法九条というテーマで展覧会を作るとき、一見してメッセージ性を秘めているとわかる
作品を選んでも、それが展示のコンセプトのなかで説得力を持たなければ、作品の意味が半減
してしまうと思うのです。見た目のメッセージ性だけに頼って観客を納得させようとするのは、
却って展示を痩せさせてしまうように思います。
7月16日のエントリーでも触れたように、表現というものはもっと多様で豊かなはずで、
本当は豊かで開かれている作品の可能性を引き出さず、生硬なテーマに閉じこめて提示するのは
ちょっとどうかな…と思うのです。

パンフレットも購入しましたが、各作家に当てられた解説はあるものの、それも個々の作品の説明
にはなっていますが、私自身の展示全体の印象を統一するには到りませんでした。
個人的に最も肝要だと思ったのは、展示作品のなかで最も印象深い森村泰昌氏の「なにものかへの
レクイエム(MISHIMA)1970.11.25-2006.4.6」を展示の中でどう位置づけるか、でしたが、残念ながら
この作品の解説は一水会の鈴木邦男氏が担当されており、結局私の展示に対するぼんやりした
印象は払拭されないままでした。
奇しくも、森村氏が雑誌CINRAのインタビューで語っているような内容は、結果的にこの展示にも
当てはまっているのではないかと思いました。
(誤解を招いてはいけませんので注記。森村氏はこの展覧会に最も献身的に協力したアーティストの
お一人のようです。)

記録用メモ(展覧会編)・2008年8月

8月は歌舞伎はほぼお休み。唯一見に行ったのは第六回亀治郎の会のみ。
展覧会は近畿方面に足を延ばしてみた。8月に見た展示は次のとおり。

コレクションの精華ーつたえたい美と歴史ー@神戸市立博物館
モディリアーニ展@国立国際美術館
塩田千春 精神の呼吸 / コレクション2 石内都・宮本隆司@国立国際美術館
鼻塩壺1000展@大阪市立東洋陶磁美術館
対決 巨匠たちの日本美術@東京国立博物館
青春のロシア・アヴァンギャルド@東急Bunkamura
浮世絵ってなんだろう?@太田記念美術館
アトミック・サンシャイン展@代官山ヒルサイドテラス
民衆の鼓動ー韓国美術のリアリズム@府中市美術館
五姓田のすべて(前期)@神奈川県立歴史博物館

今のところ時間と体力をある程度キープできているので、以前と比べると
はるかにまめに展覧会に行くことができている。
一旦中断、感想はまた明日にでも。

最近一番おどろいたこと

ネット環境に接続不能な場所に行っていたためアップが遅れました。
小ネタから再開したいと思います。

さて、最近一番おどろいたこと。
「崖の上のポニョ」を歌っている藤岡藤巻が、まりちゃんズの元メンバーだったこと!

…何を隠そう、私は昔々、同級生からまりちゃんズのセカンドアルバム「お買得」を
借りて聞いたことがあるのだ。

基本的に全編が馬鹿馬鹿しいんだが 、オバカの向こうに自由でアナーキーすぎる世界が
見えていた気がする。
未だに曲の一部は覚えているのもそのせいか。
「キャ~キャキャキャキャキャキャキャンディーズ、キャ~キャキャキャキャキャキャキャンディーズ、
売れ売れ売れっ子まりちゃんズ~フェードアウト~」
って、なんのこっちゃわからんでしょうが聞くと凄いインパクトなのだ。
ちなみに最も有名な「ブスにはブスの生き方がある」は聞いたことがありません(アルバム未収録)。

もちろんバンドは長続きはしなかった。
でも解散後もまりちゃんズは一部でカルト的に指示され続けていた。
90年代にはメジャーな世界でリバイバルし、一瞬再結成して新作を出したらしい。

当時からただのコミックバンドではないなにかがある、と思っていた。
でも、メンバーがその後も音楽業界やその周辺に身を置い活動を続けていたとは。
しかもスタジオジブリという超メジャーな会社が関わる映画の主題歌を歌っていたなんて。

あんなほのぼの、脱力系の歌を歌っているオジさん二人は、昔こんな(ある意味)過激な
バンドをやっていたんですよ、とふれまわりたい気分だ。
ひたすらバカバカしくてお下劣なんだが、独特の世界を持っていたと思う。
良い機会だからオリジナルを再発してみればいいのに。もう一度聞いてみたい。
いざ聞いたらもういいや、と思ってしまうかもしれないが(笑)。

ちなみに、メンバーの中で一番危険そうに見えたのは角刈り、強面の尾崎さんという人だが、
この人だけは業界とは全く関係なく生きているらしい。
彼のその後がちょっとだけ気になる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。