プロフィール

M

  • Author:M
  • blog “夢の巷”
    日々の感想文。

    エレファントカシマシのファンになって1○年。しかし最近はチケットがとれにくくなってきたためめっきりライヴには行かなくなってしまいました。
    近年は歌舞伎マニアと化すが、新歌舞伎座も開場し歌舞伎熱もやや沈静化。

    好きな役者さんは播磨屋=中村吉右衛門、中村歌六、中村種之助、中村米吉。萬屋=中村時蔵、中村梅枝、中村萬太郎。音羽屋さん、大和屋さん(三津五郎さんの方)も好き。上方の松嶋屋、山城屋さんもいけます。

    一番深く関わっているのは美術。ジャンルにこだわらず展覧会に足を運んでいます。
    (プロフィル写真は夜の旧歌舞伎座。)

    メールは hanaotoko [@] zoho.com まで
    (文字の間のブランクとカッコをはずして下さい)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレファントカシマシ@ライジングサンロックフェスティバル(2007.8.18)

お待たせしました。エゾフェス感想の続きです。

今年はどうしても見たいアーティストがいないということで、エゾには行かない
つもりでいた。
しかし途中でエレカシの出演が決まり、WESSにエレカシへのオファー希望のメールを
出した身としては、やはりその瞬間を何がなんでも体験しなくてはなるまいと思い直し、
半ば無理矢理ライジングへの参加を決めた。

とはいえ、今回の北海道行きの表向きの目的は、フェスではなく箱舘戦争跡地
見学-平たく言えば五稜郭行き-なので、ライジングの会場へは二日目入りで
その日のうちに撤収、という実にやる気のないスケジュールになってしまった。

まあ、今年は単純にエレカシが見られればいいや、という気持ちだったのだが、
結果的にはそれが良い方に転んだと言えるかもしれない(詳しくは後述します)。
それはともかく、細かいことは既に忘れてしまっているが、エレカシのライヴに
ついて覚えていることをいくつか。

エレカシの出演するステージはアーステントだ。サンステージと同じエリアで、
以前はグリーンオアシスがあった位置に今年移動してきた。巨大な仮設テントで、
会場脇には巨大なスクリーンが設けられており、場外の人間もライヴを見られる
ようになっている。

RIJではエレカシは毎年不入りだと聞くが、エゾでは早くから会場にお客さんが
集まりはじめ、最終的にはテント全体がほぼ埋まっていたように思う。しかも、
みんなが熱い期待を持ってエレカシを見に来ているのがひしひしと感じられ、
もうそれだけでほんのり感動した。

エレカシ四人が登場すると、その熱に一気に火がついて、テント全体からおおきな
歓声があがる。モッシュゾーンに人が押し寄せ、テント中央部に帯のような空間が
ぽっかりとあいた。
宮本は最初から「エビバデ、どーんといこうぜ、いぇーい!」のハイテンション
モードで、それがお客の熱気にあおられ更に全開に。先生が叫ぶ「石狩ー!」
「呼んでくれてありがとうー!」
しょっぱなの「ガストロンジャー」でみんな狂喜、突き上げる拳とサビの大合唱が
半端じゃない。続いて「今宵の月のように」~「悲しみの果て」の流れで掴みはOK、
特に「今宵」「悲しみ」はほとんどの人が知っているらしく、テント中が大合唱に
なった。
なんというか、ただ発散したい、騒ぎたいというノリやお約束の不自然さとは
全く異質の、愛情こもった大合唱だった。
宮本にも、ここにいる人たちに自分の音楽が伝わっているのがはっきり分かったと思う。
先生も嬉しいだろうなぁと思うと、自分は赤の他人なのにうっかりうるっと来そうになった。

この辺でキーボードの蔦谷氏の紹介が入ったような記憶がある。「地元ですー!」
とも言っていた。
また「風に吹かれて」だったか「笑顔の未来へ」だったかの冒頭で、「蔦谷君と一緒に
作りました」と言っていたがもうどの曲だか記憶が定かでない。

新曲「さよならパーティ」は前述の通り。ドラマチックに盛り上がる曲ではないけれど、
エレカシらしいコードとメロディ(非歌謡曲寄り)のなかなかいい曲だった。
どこぞの曲の紹介では「愛する人よ聞いて下さい」とも言っていたような。
先生、着実に確かな愛情を育てていってると見た(←憶測です)。

このエゾでの「風に吹かれて」は、野音でも演奏した前半をキーボードだけで歌う
「蔦谷バージョン」(勝手に命名)。通常とは違うしっとり落ち着いたアレンジに
テント全体が静まりかえっていたと思う。最後のバンド全体が入ってのサビの部分
では、大合唱しながらみなが手を挙げ、左右に振る様子が壮観だった。
宮本自身がタクトを取るように自分でも左右に手を振っている。
もの凄い一体感に、先生も「史上最高の『風に吹かれて』になりました」と言って
いた。私はいつもの悪い癖で心の中で(またまた~)と突っ込んでしまったが(笑)、
冗談抜きでこれは彼の心からの言葉だろう。

とまぁ、ここまでも素晴らしかったんだけれど、個人的に滅茶滅茶ぐっと来たのが
この後。フェスなので有名曲中心の選曲は当然として、それ以外に何をやるか密かに
楽しみにしていた。
ここでまず「男餓鬼道空っ風」。若い子を踊らせる縦ノリ曲だ。
いつも以上に明るくハジけた感じでとっても楽しかった。

そして、次に来たのが「道」!!!!
この選曲自体もファンには嬉しいものがあるが、私はそれ以上に、宮本がこの曲で
ワンマンと全く変わらない入り込み方、キレっぷりを見せてくれたことに血が騒いだ。

「暇なヤツだけ聞いてくれ」「俺達ゃよ、何で生きてんだ?」自虐と真摯さの
混じったド迫力。
ひとときもじっとせず、ステージ袖までひっこみそうな勢いで行ってそのままそこで
歌う、成ちゃんに絡み、首に腕を巻き付けたまま歌い続ける(最後には成ちゃんに
力づくで振り解かれていた)…。遠目で見ていたので細かい表情などはわからな
かったが、あれはたぶん集中している時の鬼の形相だったと思う。
そしてあれだけヘヴィな曲をやった後で、肩で息をしつつ「新曲です、聞いて
下さい」と「俺たちの明日」をさらっとやってみせる切り替えの鮮やかさ。
こんな大規模なフェスで、自分たちのポップな面だけでなく、ハードコアな面も
何の違和感なく見せてしまえる今のエレカシの度量の広さに改めてノックアウト
されてしまった。

たぶん、すべてが一期一会というフェスの空気がこの幸せな空間を作り出したんだろう。
例えば恒例の野音で全員の大合唱になったり、「風に吹かれて」蔦谷バージョンが
定番になったりしたら、それはそれで何かが決定的に違うと思ってしまう。
フェスのライヴはたまたまその時、その場にいた者たちが作り上げるもので、
いろいろな条件が重なった時、ひょんなことから特別な瞬間が生まれるのだろう。
この瞬間を知ってしまうとフェスに行くのがやめられなくなるのである。実にヤバい。

今年のライジングのエレカシのライヴは多くの人に伝わったと思いますし、
その場に立ち会うことができて本当に良かったと思っています。
改めて、ライヴは生ものであると認識しました。

長くなってしまいました。残りはまたの機会に。
スポンサーサイト

帰還報告

長めの旅から帰ってまだ間もないのであります。
ライジングの感想などはまたのちほどアップしたいと思います。
拍手を下さった方ありがとう!

エレカシ@エゾセットリスト

実は今ライジングサンの会場からです。
さっきエレカシのライヴが終わったのでまずはセットリスト報告。

ガストロンジャー
今宵の月のように
さよならパーティ
悲しみの果て
風に吹かれて(蔦谷バージョン)
笑顔の未来へ
男餓鬼道空っ風

俺たちの明日

抜けや狂いがあったらごめんなさい。
圧巻のライヴでした。
お客全体が振り付きの大合唱で盛り上がって、すごい愛を感じてしまった。
宮本先生もお客の熱さでいつも以上にのっていたような気がします。
「さよならパーティ」は前向きなポニキャニ調+悲しみの果て風味という感じ。結構よい曲でした。
回りから「かっこいい~」「歌うまい~」「声出てる~」のつぶやき多数。
見に行ってよかった!


マイ歌舞伎ブーム&エレカシ野音

ご無沙汰しています。
久々に見てみたら、ブログ拍手なんて機能が追加されていたのですね。
拍手を下さった方、どうもありがとうございます。

気がつけば最後の更新から半年も経っていました。今年はなぜか妙に
伝統芸能づいています。
結局夜の部の感想は書かずじまいでしたが、二月の仮名手本忠臣蔵では
昼の富十郎•吉右衛門丈だけでなく、七段目の仁左衛門丈にも鷲掴みに
され、続いて翌月の義経千本桜も通しで見に行って以来、ものすごい
勢いで歌舞伎に嵌りました。
さすがに毎月ではないですが、気になるものには足を運んでいます。
上のお三方はもちろんですが、最近気になっているのは萬屋一門
(但し全員にあらず)。
トッキー(可愛らしい!)、歌六•歌昇丈、それに『十二夜』の錦之助丈と
皆さん素敵でいらっしゃいます。
安い席しか取れませんが、これからも行けるときになるべく劇場に足を
運ぼうと思っています。

そんなこんなで最近はライヴからめっきり足が遠のいています。
しかしエレカシばかりは例外です。今更ですが、今年の野音は昨年よりも
遥かに印象深いライヴだったと思いました。
サポートの蔦谷さんはメンバーに何の違和感もなく溶け込んでおり、また
彼が加わった事で曲のアレンジにはっきりした変化が出てきているように
思いました。
具体的な指摘はできませんが、これまでのエレカシが作ってきた世界が
モノトーン一色だったのに対し、そこに一気にカラフルな色がついて
ファン以外の人間にもわかりやすい外観になった。そんな感じです。
どうせなら伝わりやすい伝え方をする方がいいですものね。

実際見ていてハラハラさせられる部分が全くなく、進行を含めひたすら
格好良く、思わずファンクラブに再入会しようかと思ったほどでした。
変な意味ではなく、宮本はいい具合に成熟していってる、と思いました。
荒井由美のカバーも最初はひっくり返りそうになりましたが、曲の根底に
流れている喪失感はエレカシの曲にも共通していると思うので、
あまり違和感はありませんでした。
後半は宮本は完全に自分の曲として歌っていました。お見事。

ただ、一番新しい曲に関しては、私はちょっと受け付けませんでした。
あれがこれからどう変化していくか見所だと思っています。
そして、とても落ち着いた様子の宮本が歌う『偶生』にはなんだか
不思議な感覚を覚えました。
これからエレカシはどんな方向に進んでいくのでしょうか。

以上、これまで書きそびれていたことです。
そういやキングの復活ライヴにも行ったんだった。それはいずれまた。
当分は不定期更新になるかもしれませんが、まだしばらくはここを続けます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。