プロフィール

M

  • Author:M
  • blog “夢の巷”
    日々の感想文。

    エレファントカシマシのファンになって1○年。しかし最近はチケットがとれにくくなってきたためめっきりライヴには行かなくなってしまいました。
    近年は歌舞伎マニアと化すが、新歌舞伎座も開場し歌舞伎熱もやや沈静化。

    好きな役者さんは播磨屋=中村吉右衛門、中村歌六、中村種之助、中村米吉。萬屋=中村時蔵、中村梅枝、中村萬太郎。音羽屋さん、大和屋さん(三津五郎さんの方)も好き。上方の松嶋屋、山城屋さんもいけます。

    一番深く関わっているのは美術。ジャンルにこだわらず展覧会に足を運んでいます。
    (プロフィル写真は夜の旧歌舞伎座。)

    メールは hanaotoko [@] zoho.com まで
    (文字の間のブランクとカッコをはずして下さい)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりのライヴ

明日は久しぶりのエレカシライヴ。

夏フェスやらなにやらが間に入り、先日のAXやZeppが遠い昔の事のように思えてしまう。
まあ今回は対バンイベントなので、構えず気楽に見にいこうと思う。

31日は私にとっては非常に悩ましい日で、UFO clubではキング、大阪のシャングリラ
ではズボンズvs.ペンペンズという魅力的な企画がことごとく重なった、ある意味
ついていない日なのだ。

UFOのキングには最後まで後ろ髪を引かれたが、まあエレカシが出るから仕方ない。
その分9月3日の血祭り番外編で楽しんでこよう。
明日はどれも良いライヴになりますように!
スポンサーサイト

夏の終わり

北海道から帰宅し、洗濯やら掃除やらにおわれていたこの一週間。
夕方、ふと部屋の床をみたらなにやら黒い物が動いている。

…一瞬、Gの野郎かと息が止まりそうになるが、遠目で見ても全体のフォルムが違う。
見ると、なんと一匹の立派なコオロギではないか。

田舎の人間なので、ごく限られた「害虫」を除くと虫自体に抵抗はない。
これはなんとか逃がしてやらねば、と思う。
手で生け捕ろううとするが、コオロギはハイジャンプを繰り返し、物陰に走り込む。
懐中電灯で部屋の一隅を照らしながら、どうにか手元まで引き寄せ、
隙を見てキャッチに成功した。
そのまま窓の底へ放ってやる。

夏の終わりは、生命が蠢く季節なのか。
北海道から帰ったら、部屋の中で小さい蜘蛛が巣作りを試みていた。
冷蔵庫を開けると、葉物につく小さな虫が一匹身をくねらせていた。
そして、東京23区内にあるはずの自部屋にはなぜかコオロギが。
どこにあっても生きながらえようとする自然の生命。実に畏るべし。

*注 決して部屋が汚いわけではありません。(笑)

帰ってきました

丸一日かけて洗濯が終わりました(笑)。

二年目のRSRから帰ってきました。
今年は場内に拠点がなかった&用事があったので両日とも途中退場しなくては
ならず、体力をセーブしながらの参加でした。そのせいか、去年のような充実感は
イマイチなかったかな…。
教訓。どうせ行くなら、万全の装備・一度も退出しない心意気でフル参加した方が楽しい!

滞留時間が短かったので、お目当てのみをつまみ食い的に見ることしかできません
でしたが、それでもやっぱり楽しめるフェスでした。
ちら見を含めると、一日目は三人の侍~Caravan~ジプシーズ~グループ魂~ゆら帝~
ROVO~DMBQ~フリクション、二日目はムーンライダーズ~大江慎也~高橋幸宏~
吉井和哉という流れでした。

続きを読む

RSR会場から

今日は日中ほとんどひっどい雨!雨降りっぱなし!でも楽しんでます。
雨でテンションやや下がりましたが、グループ魂で気分がぐっと上がった後は、ゆら帝~ROVOをはしごしました。これからDMBQ~フリクションのはしごです!
明日もできれば会場から更新します。

RSRへ!

では行ってきます!
できたら会場にあるアップルブースから書き込みしたいと思いまーす。

夏期休業のお知らせ(笑)

エゾ行きの準備やら何やらで最近全くエントリーを更新できてません…。
来週頭に帰り次第、猛然とエゾレポを仕上げる所存です!
今しばらく留守がちにしますけど、帰京まで今しばらくお待ち下さい。

リキッドのイベントチケットが来たけど、思ったほど売れてないのでしょうかね?
そこそこ良い番号でした。

テレビのチカラ

宮内庁三の丸尚蔵館で開催中の花鳥展を見てきた。

この展覧会では、今話題の伊藤若冲の「動植綵絵」を、期毎に展示替えを行いながら
全作品すべて公開するというのが売りなのだが、会場は今までになく混んでいた。
第四期の今は、動植綵絵のなかでも良く知られる「群鶏図」や、それ以外にも
代表作「旭日鳳凰図」が出品されるなど、とりわけ豪華なラインナップでは
あるのだけれど、混雑の原因は昨日放映された「たけしの誰でもピカソ」で
紹介されたかららしい(私は見ていない)。

「テレビのチカラ」といえば、最近話題の世界タイトルマッチを巡る不透明な
動きを連想するが、ここでもまたメディアのチカラをまざまざと見せつけられた。
良いものが広く知られるのは基本的にはとても良いことだとは思うが、
それがブロックバスターによる一過性の現象の如くなってしまうのが少しコワイ。
人はブーム後の物には必要以上に冷たくなるからなー。

ともあれ、これはそんなことは抜きにして見るべきものなので、興味とお時間の
ある方は是非。第四期は今日(日曜)までですけどね。

続きを読む

復活!!

今日は久々のキングブラザーズライヴ。

マーヤが4月末に骨折して向こう2ヶ月間のライヴはすべてキャンセル。
回復を待ち望んでいたら、なんと新メンバーになったばかりの林田リンダ氏が
マッハで脱退。
当面はドラムにタイチ、ベースにレイ・ブカネロのサポメン二人を迎えて
活動を行うことになった。そんなこんなで最近何かと落ち着かないキング周辺。

リンダ氏については前に色々と書いたけど、実はマーヤの休養期間にうまいこと
別人のように変身してワンマンに現れてくんないかな~と淡い期待を抱いていた。
今となってはかなわない話となってしまったけれど。

最近のイベントには全然参加できていなかったので、4人体制のキングブラザーズを
見るのは今日が始めてだった。
すごく久々のライヴの様な気がしたが、始まってしまえばそんな事はどうでもよくなった。
ぎらぎらしているフロントの二人を久しぶりに見られて嬉しかったし、
ここしばらくのライヴでは全然身体が動かず、不完全燃焼感が蓄積していたけど、
それも今日ですっきり解消!シェルターは超満員でモッシュやダイブが起きまくっていた。
タイチさんのドラムは重くてでかい。やっぱりキングのビートはこうじゃないと…。
ベースが入ったことで音の余白がなくなってしまい、全体的に濁った音に聞こえる時も
あったけど、まあとりあえずそれはそれ。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。