プロフィール

M

  • Author:M
  • blog “夢の巷”
    日々の感想文。

    エレファントカシマシのファンになって1○年。しかし最近はチケットがとれにくくなってきたためめっきりライヴには行かなくなってしまいました。
    近年は歌舞伎マニアと化すが、新歌舞伎座も開場し歌舞伎熱もやや沈静化。

    好きな役者さんは播磨屋=中村吉右衛門、中村歌六、中村種之助、中村米吉。萬屋=中村時蔵、中村梅枝、中村萬太郎。音羽屋さん、大和屋さん(三津五郎さんの方)も好き。上方の松嶋屋、山城屋さんもいけます。

    一番深く関わっているのは美術。ジャンルにこだわらず展覧会に足を運んでいます。
    (プロフィル写真は夜の旧歌舞伎座。)

    メールは hanaotoko [@] zoho.com まで
    (文字の間のブランクとカッコをはずして下さい)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no title

ライヴの感想文、推敲中ですが前半部分をアップしました。
下のエントリーのread moreからどうぞ。
それから、いくつかコメントありがとうございました。
エレカシライヴでは集まったファンのパワーに気圧されてしまって
つい早めに会場を後にしてしまうんですよねー。
いずれ必ずや。
スポンサーサイト

エレファントカシマシライヴ@恵比寿リキッドルーム(2006.5.28)

なにも言うことがないくらい良いライヴだった!

諦念すら感じさせるアルバムとは違って、地べたをはいずり回るような宮本の
日々の格闘ぶりが生々しく伝わってくるライヴだった。
等身大の四人が、シンプルだけど太くてリアルな音を出している。
宮本のブルーズギターがすごくいい音を鳴らしていた。(こんな風に思えたのは
実は初めての事だ…。)

アルバム全曲にアレンジ違いの四月の風、デーデ、so many people、果てしなき日々
(!!!!!)。
音はバンドサウンド、しかしステージは宮本演出の一人舞台。短くても凝縮された
中身の濃いライヴだった。

続きを読む

うれしい誤算

事情が変わって明日のライヴに行けることになった。
テンションが上がるよりも、どんなライヴになるか予測がつかないので
直前はきっと緊張すると思う。
結果いいライヴになりますように。

youtubeには何でも落ちている

歩いててふと見たら自分の前に阿部サダヲがいた。へぇ。

こんなものを見つけました。
若い頃のエンケンさんもステキ。

http://www.youtube.com/watch?v=ZH9qxETBsG8&search=endou%20kenji

藤田展後日談

藤田嗣治展を見た知人の間でちょっとした話題になっていたのが、
戦争画のセクションの暗さである。油彩画にもかかわらず他の展示室と
比べ一段照明が落とされており、明らかに違和感があった。
背後に何らかの意図が?それとも何かの条件のため?
色々な想像をかき立てる展示方法だったが、偶然機会があって事実を
確認することができた。
何のことはない、あまりに作品が大きすぎて全体にむらなく照明を
当てることが難しかったのだそうだ。試行錯誤した結果があそこまで
光量を落とした展示になったということである。
斜めに展覧会を見るあまり、しなくともよい下司の勘ぐりをしてしまった
ことになる。やはり作品は虚心で見る方がよい。いい勉強になった。

エルンスト・バルラッハ展

@東京芸大美術館。

人間の持つ相反する面をそのままに表せているところがすごい。
粗野でいじましく、小さく時に滑稽で哀れな存在。しかしゆえに生きる
力に満ち、泣き、笑う、美しく愛おしい存在。
それらが突き放すでもなく情緒におぼれるでもない、静かな共感を
もって力強い形態で描かれる。
一方で、彼の作品には、どこかに常に壊れやすい繊細さともいうべき
感覚が流れているように思う。その矛盾が好きだ。
デッサンやスケッチは、アニメーーション「木を植えた男」や、ノルシュ
テインを思わせるタッチで現代との思わぬ近さを感じた。

藤田嗣治展

ここまで混んでいるとは思わなかった。テレビ効果か?
初期と、戦後に渡仏して以降の作品をまとめて見られる貴重な機会だった。
第一次大戦時に帰国してからの日本かぶれには、非常に作り物臭い匂いを感じた。
これは誰もが指摘することだろうが、要は描かれているのが外国人の眼から
見た日本なのである。かえって滞仏時の作品の方がはるかに日本を感じ
させるとはなんという皮肉だろう。
彼はどこに行っても宙ぶらりんの異邦人だったのかもしれない。
毀誉褒貶激しい人だけれど、どんな時にも描かずに居られない画家の性を
感じた。

no title

ごぶさたしてます。
何やかやで更新できてませんが、とりあえず生きてます。
破壊宙の感想もそのままになっているので、いい加減再開しないと。
そういえば、楽しみにしていたキングのライヴがマーヤの骨折で
軒並み延期になってしまった。5日の赤犬vs.DMBQも結局仕事で行けず。
せめて月末のエレカシライヴは行きたいんだけどチケットを持ってない。
今は働け、考えろ、ってことか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。