プロフィール

M

  • Author:M
  • blog “夢の巷”
    日々の感想文。

    エレファントカシマシのファンになって1○年。しかし最近はチケットがとれにくくなってきたためめっきりライヴには行かなくなってしまいました。
    近年は歌舞伎マニアと化すが、新歌舞伎座も開場し歌舞伎熱もやや沈静化。

    好きな役者さんは播磨屋=中村吉右衛門、中村歌六、中村種之助、中村米吉。萬屋=中村時蔵、中村梅枝、中村萬太郎。音羽屋さん、大和屋さん(三津五郎さんの方)も好き。上方の松嶋屋、山城屋さんもいけます。

    一番深く関わっているのは美術。ジャンルにこだわらず展覧会に足を運んでいます。
    (プロフィル写真は夜の旧歌舞伎座。)

    メールは hanaotoko [@] zoho.com まで
    (文字の間のブランクとカッコをはずして下さい)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイバイ、またね

エントリーの更新ができないまま今年も暮れようとしてます。
覗いてくださった方、申し訳ありませんでした。m(__)m

今年は例年以上にあっという間に過ぎてしまったような気がします。
個人的なことを言えば、今年は自分の大きな勘違いに気づいた、
しんどくも記念すべき年でした。
来年は根本からやり直すスタートの年です。

いろんな事を見直していきながら、それでもここを続けていければ
一番いいなと思っています。
来年は、溜めているエントリーはさっさと更新!を目標に。
それを日常生活でも徹底したいと思います。

ひとまず、今年も読んでくださってありがとうございました。
皆さまにとっての来年が良い年となりますように。
スポンサーサイト

脱力…

下のエントリーの追記部分を間違って3回も消してしまいました。
かなりがっくりきたので更新は明日にします。ショボーン。

えっ…君と君は…あ~そう…え!!プリプリプップップー@代官山unit

予告しときながら全然感想を書けてないじゃん、ダメじゃん>自分

とりあえず、覚え書き程度の記録を。
12月19日 えっ…君と君は…あ~そう…え!!プリプリプップップー@代官山
unit(あふりらんぽ、オシリペンペンズ、ワッツーシゾンビ)
この日は仕事が終わらず、かなり遅れて会場に到着することになってしまった。
中に入るとワッツーシの演奏もすでに後半にさしかかっていた。フロアは
ドリンクカウンターのあたりまで人でぎっしりと埋まっていて前方が全く
見えない状態だ。3バンドの人気を改めて実感する。
実はこの日お客は皆プリプリプップップーなカッコをしてくるという
お約束になっていたんだけれど、仕事帰りの私にゃそりゃ到底無理な相談
ですがな。
後で聞いたら、入場時にお客さんのプリプリ度チェックがあり、OKなら
アカ○、ダメだと×を顔に描かれていたらしい。遅れていって逆によかったのかも…。

転換の間はロメダ霧島ちゃんというゴージャスなパフォーマーがMCを
担当。円盤の定例イベントに出演しているらしいが、この人の芸が正にプロ。
見た目ほとんど二丁目のママさん風だけど、歌、語り、演芸、どれも
尋常じゃなく上手くてちょっとファンになった。参加者プレゼントの
「50万円相当」の賞品がロメダちゃんの脱ぎたて生パン(笑)つーのも
相当に衝撃的。でもきわどいとこでなぜか下品にならないのは人柄というか
人徳というか。

濃淡ありながらも微妙に盛り上がっているフロアを見ると、傍らに全裸の白人
男性を発見!!?*+@#?○??!こんなクソ寒い日だっつうのによくやるよ~。
よく見ると股間に長ーい角が生えている。目線が腰から下に行かないように
注意しながら密かに観察するが、どうやら東南アジア?だかどこだかで
使われていたペ○スケースらしい(本人談)。あとは帽子以外全くの全裸。
全身に不思議な模様が描かれてるし、すげぇ、この人マジだよ…。

続きを読む

年末の実感ゼロ

最近やたらに忙しいです。
あふりペンペンとかウィーザーとか
見に行っていますが感想を書く暇が全然ありませんでした。
できたら今日の夜に書いてしまおうと思ってます。
ではまたのちほど。

Old records never die

iTunes Music Storeを見ていたら、Ian Hunterがラインナップにあがって
いたので曲を購入してみた。
私は決して熱心なファンとはいえないけれど、シンプルでワイルドな
直情ロケンローをやる一方で、どうしようもなく叙情的で美しい
メロディのバラードを書いてしまう彼の二面性がとても好きだ。
思い出しては時々聞き入っている。

この人の声質は、それ自体が天からのgiftといってよいくらい独特だ。
力強いがウェットでどことなく哀愁を帯びている。そんな彼の声を聞くと、
私はつい宮本を連想してしまう(偶然だがイアンも宮本も双子座だ)。
なかでもOld records never dieはロックバラードの名曲だと思うのだ
が、
思い立って歌詞を調べたらこれがめちゃくちゃ心に泌み入る内容だった。
イアンは基本的に歌詞カードをつけない主義らしく、ネット上にある
歌詞はファンが聞き取って採録したものなのでところどころ不明な箇所が
あったりもする。
一言一句意味を正確に分かっている訳ではないが、とにかく内容が
深いので引用してみる。

続きを読む

今年もまた「自分探し」?

とうとうほぼ日手帳を買ってしまった・・・
気になる手帳はすべて試したくなってしまう。これはもう一種の中毒、
いやどう考えても依存症に近いビョウキだ。

これまでの手帳遍歴

 fILOFAXバイブルサイズ(厚手→薄手へ)
→荷物が重くなってきたのでシステム手帳ミニ6穴(ラウンドジップ)へ
→ジッパーが壊れてしまった/ふとお店で見かけて気になったので
 綴じ手帳(at-a-glance アポイント)へ転身。
 その後綴じ手帳でも様々な遍歴を重ねる(笑)。
 at-a-glance→Quo vadisビジネス・ビソプラン→Brepols→rido→
 Lettsのマンスリー、その他フランクリン綴じ手帳、エヌプランニング
 をはじめ国産メーカー各種etc.etc....(こうしてみるとつくづくアホ)。

奥深い手帳の森をさまよって気づいた自分なりのチェックポイントは、
 ・マンスリーページはウィークリーよりもはるかに大事
 ・ペンホルダー必須
 ・カバーに物を挟み込めるポケット必須
 ・たっぷりしたメモスペース必須
 ・サイズはバイブル以下、ミニ6穴以上、できたらA6くらい
 ・赤系インク・墨の2色刷はイヤ
 ・リフィルが高価過ぎるのは論外(例えばエルメスとかエルメスとかエルメスとか) 
 ・本体はなるべく薄い方がいい

一度はfILOのミニ6で定着しかけたのだが、いかんせん筆記面積が小さ
すぎるので結構フラストレーションが溜まっていた。
どうせここまで迷走するならついでに一度試しちまえ、ということで
とうとうほぼ日にまで手を出してしまいました。
本当はジャストサイズの8穴システム手帳を使いたいんだけど、今やこの
規格は超マイナーな存在となってしまっているので、リフィルの入手し
やすさなどを考えるととても購入には踏み切れない。
たぶん一月後あたりには、ほぼ日手帳をこれからも使うかどうか決めてる
だろうと思います。ダメならミニ6穴に出戻りの予定。

書き出してみて、これまで相当な時間とお金の無駄遣いをしてきたことを
悟った・・・。
こんなこともう来年こそはもうやめよう(デキルカナ)。

悪魔のタイムトラベル余談

二つほど思い出したことを書いておきます。

客電が付いたあとのフロアに流れていたSEはキングの新曲音源?
全然聞き覚えがないけど声は確かにリーダーだった。これまで以上に
ぶっ壊れてるカッコいい音だったと思う。

この日のキングのローディーは、エゾの時と同じ赤モヒカンのQ太郎さん。
涼しい顔で細やかな仕事をチャッチャとこなしていく姿がえらくカッコよかった!

ああ、ファンダンゴに行きたい・・・。

唐突ですが

来年あたまのエレカシライヴ@Zepp東京ですが、この時関東以外から
みえるファンの方ってどのくらいいらっしゃるのでしょうか。
実は以前やった上映会の続編のことがいまだに引っかかってまして。

今回鑑賞会開催は恐らく無理じゃないかという気がしますが、1月8日の
ライヴの為に上京するという方いらっしゃいますか?よかったら参考までに
教えて下さい。

続きを読む

トンネルを抜けるとそこは雪国

2日。
展覧会を見に友人と新潟へ。
自由席でも大丈夫だよね~と言いながら乗ると、いきなり新幹線が
激混んでいる!
どうやら浦和レッズのファンが、新潟での試合に大挙参戦している模様。
彼の地はかなりの寒さだろうに、恐るべしレッズファン。
それでもなんとか席を確保してうとうとしていたら、いつの間にか越後
湯沢に到着していた。
窓の外を見ると・・・いきなり雪がバリバリに積もってるよおい(汗)
・・・しかも今吹雪いてるし。
展覧会を見るということに気を取られすぎて、北国との気候の違いを
全く考えていなかった我々は、しばし窓外の風景に茫然としたのでした。
いやいや、日本は狭いようで広い。

当然ながら現地の寒さたるや半端なもんではなく、しかもみぞれ交じりの
雨という状況の中、ひと気の少ない美術館へ無事にたどり着き、所期の
目的を果たしたのでありました(たどり着くだけですでに気力を使い
果たしたという噂も・・・内容の詳細は省く)。
現地で食べた食べ物がべらぼうに旨くて、新潟は豊かな土地だと思った一日でした。

続きを読む

悪魔のタイムトラベル 時を翔る王様兄弟を追え!!!@代官山unit

とにかくここ数日のことをまとめて書いてしまおう。

12月1日。
キングブラザーズワンマンライヴ@代官山unit。デンジャラスサポート・
シンジ・ワダの関東見納めライヴ。
セットリストはルル、消え失せろ、D.K.D.K.、LET IT、魂を売り飛ばせ、
69、SSSS、Big Beat、ソニックス、ツェペリン、MONSTER、メッセージ、
マッハ倶楽部、Big Boss、☆☆☆☆、(アンコール1)デッドソウル、
明日を越えろ、1981、(アンコール2)Kingbeat。順序ちょっとあやふや。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。