プロフィール

M

  • Author:M
  • blog “夢の巷”
    日々の感想文。

    エレファントカシマシのファンになって1○年。しかし最近はチケットがとれにくくなってきたためめっきりライヴには行かなくなってしまいました。
    近年は歌舞伎マニアと化すが、新歌舞伎座も開場し歌舞伎熱もやや沈静化。

    好きな役者さんは播磨屋=中村吉右衛門、中村歌六、中村種之助、中村米吉。萬屋=中村時蔵、中村梅枝、中村萬太郎。音羽屋さん、大和屋さん(三津五郎さんの方)も好き。上方の松嶋屋、山城屋さんもいけます。

    一番深く関わっているのは美術。ジャンルにこだわらず展覧会に足を運んでいます。
    (プロフィル写真は夜の旧歌舞伎座。)

    メールは hanaotoko [@] zoho.com まで
    (文字の間のブランクとカッコをはずして下さい)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Queチケ一般発売日

秒殺でした。ショボーン。
スポンサーサイト

あんなに楽しみだったのに

4月29、30、5月1日と三日連続オールでZUINOSINライヴな訳ですが、ヘタレてしまって見に行くかどうか激しく迷い中…。
今ひとつそういう気分になれない。

続きを読む

no title

尼崎の鉄道事故で亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。
あまりに理不尽で、むごい。

ワッツーシゾンビレコ発記念フリーライヴ@UFO

ヘロヘロになりながら夕刻東高円寺UFOへ。
オープニングアクトの予定だった手ノ内嫁蔵(石井モタコ)はなぜか急遽出演キャンセルになり、ワッツーシのワンマンライヴになってしまった。

続きを読む

宣伝

知り合いに頼まれたのでよく判らないまま告知。

ダンスグループ(でいいの?)のコンドルズの舞台が6月12日(日)のNHK
教育テレビ「芸術劇場」(22:00~翌0:15)で放映されるそうです。
またこれより早く、5月8日のBS2「ミッドナイトステージ館」(深夜0:55~
3:25)でも彼らの舞台が完全ノーカット放映されるとか。
演目なんかは私は見たことがないのでよく知りませんが、学ラン衣装だの
やたら脱ぎたがるダンサーがいるだの、とにかく濃ゆくておもしろい
ステージらしい。私も一度見たかったので楽しみっす。
興味を持った方は、どうぞご覧下さい。

火の玉ガール

大学の遠い遠い後輩に当たる子と会って長話をした。
丁度二十代半ばの彼女は、忙しい仕事の合間を縫って語学のブラッシュアップに励みながら文章の学校に通い、かつ暇を見つけては読書や芝居に行くのを欠かさない。
いろいろ悩んだり怒ったりしながらも、基本は直球、率直さが持ち味で前向きだからヘンな悲壮感は全くない。
最近読んだ本や、これからのこと、仕事の話、芝居の感想、泥酔した失敗談。
なぜ男はつるむのか、そしてはしゃぐのか。詮無い愚痴や陰口を聞くのはイヤだね、など延々ととりとめのない話をした。
仕事の経験を積みあげながら、それ以外にもやりたいことをたくさん抱えて疾走する彼女は、可能性というまぶしい光を放っていた。
歳を取るのは可能性がどんどん目減りしていくことだ。でも、ショボくれていても仕方ないな。これからもこの人と楽しく飲めるよう、できることは目一杯やっていかないとな。

読書メモ

去年から自分の事にかまけているうちに、すっかり世間の事に疎くなってしまった気がする。

小林信彦『日本の喜劇人』
ほとんど知らない時代の事ばかり。子供の頃のテレビがおもしろかったという記憶があるが、あれは著者が言う、昭和30年代後半のテレビ黄金時代の余熱だったのか。

大谷晃一『大阪学・世相篇』
大阪を何度か旅行して、彼の地に興味を持った。
なによりあの言葉にひかれる。赤の他人に対しても必ず「しはる」「してはる」と丁寧語を使う細やかさと、それと共にくだけた親しみや共感をしっかり表すことができるあの言葉に。
話すだけで人との距離感をぐっと詰めることのできるあの感じがうらやましい。これはNHK語では絶対無理な話だ。
ま、それだけじゃなくて、こちらの感覚ではなかなかに違和感を感じる行動や思考も多数紹介されていておもしろかった。
でも実は一番印象的だったのは、大学学長としての卒業式・入学式訓辞だったりする。いずれも名スピーチである。

ここから更にガチンコな読書をする予定だったが果たせず。
ついテレビ(プライド)に夢中になりすぎた。
安吾まではまだまだ遠い。

no title

先日の高田渡さん逝去の報にも驚いたが、昨日のポール牧自殺、のニュースには本当に驚いた。ファンとかそういうのではないのだけれど。
岡本敏子さんも亡くなってしまわれるし、最近訃報が多くて何だか気が滅入る。

速報・・・でもないか

今日のロフトでのつばきワンマンに出演した「シークレットバンド」は
エレカシではなく、シロップ16gでした。残念!
・・・でも、つばきの音自体が良くて、楽しめるライヴでした。
余力があれば後で続きを書きまーす。

続きを読む

まだまだ来ます、

不審なメール。

一時、プロフィールのところにメールアドレスを公開していた。その途端にスパムメールがどさどさ届くようになった。
なんの加工もしないでそのまま出してしまったのが良くなかったのだろう。

おそらくネット上のメールアドレスを拾って回るロボットのようなものにアドレスを拾われたのだと思う。違うアドレスで毎日毎日出会い系かエロ系のメールが来るというのはそれだけで結構鬱が入る。
幸い今のテンプレにはプロフィール欄がないので、これに変えてから、ようやくその手のスパムは収まってきた。
こんなうさんくさいメール無差別攻撃にひっかかる人がいるのかよ、とむかつきながら疑問に思う。

でもねえ、今は時々ウィルスメールらしきものが来てるのですよ。
偽装された発信元アドレスには、「dohatsuten~」「kingbrothers~」の名が。
迷惑メールとはいえ、そこはかとない連帯感を感じつい笑ってしまうのですが。
たぶんそちら系の音楽を聞く方のPCがウィルスに感染しているのではないかと推測しています。これがウィルスだとしたら、プライバシーを無断で他人に公開されることと同じでもあり、感染した人にとっても大迷惑ですよね。
もしお心当たりの方がいらしたら、一度確認してみて下さいな。

ありえない選択

最近体調が今ひとつだ。
実は今日もそれでキングライヴをパスってしまった。自分としてはありえない
選択…チケットも買ってたのに。
暖かくなってきたし、早く復調したいものだ。

ワッツーシゾンビレコ発ライヴ@難波ベアーズ

4月8日、大阪にて。あまり記憶がないのでごく簡単に。
この時、東洋陶磁美術館やらなにやらも見てきたのですが、まあ自分としてはこれがメインな感じ。ワッツーシ以外に巨人ゆえにデカイ、オシリペンペンズ、あふりらんぽが勢揃いなら見とかないとね。

続きを読む

no title

最近はリアル世界が忙しく、裏のこちらはお留守にしてばかりです。
まあこれが普通の生活というやつかもしれませんが。
時間が経ちすぎて、巨人+ペンペンズ+あふり+ワッツーシライヴの印象も
かなり薄れてしまいました。一応記録として書いておきますが(ただし
アップは明日)。
昨日今日はブリッジでキング×ズイ、ペンペンズ×ズイという超豪華二本立
ライヴが行われてるはずですが、どうしてもはずせない予定があって参加せず。
いいライヴになってたらいいな。

no title

最近ここが滞っていてすみません。
とりこんでいたり、いろいろ考え事があってこうなってます。
しばらくこんな感じかもしれませんが、ぼちぼちとは書いていくつもりですので
よろしくです。

no title

朦朧とした頭でバタバタしていたら、仕事関係の予定を見落とすという洒落に
ならないミスをやらかす。最悪。メールと予定表が完全にはシンクロして
いないからこういうことが起きる。以後、メールの内容は確実にチェック
するようにしないと。

もう一つの、BBSを設置していたサイトのサーバーが飛んでしまったようだ。
閉鎖はせず別のサーバーに乗り換えて復活するらしい。BBSは実質休眠状態
なので、継続するかどうか迷うところだ。


あふりやらなにやらの感想はまた後日。

業務連絡

ここを閲覧している方の中に、パソコンがウィルス感染している方は
いませんか?
エレカシや美術関係ではなく、インディーズ関係が好きな方ではないかと
思われます。もしや?と思われた方は一度PCをチェックしてみて下さい。
よろしくお願いします。

ブリザード級

激烈につまらないのは分かってるんだけどどうしても言いたい。



コンクラーベ と 根比べ は似ている

続きを読む

和田ロッカーズ

キングファンにニュース!
5月4日に東高円寺UFOで和田ロッカーズ出演のライヴがありますが、これにキングブラザーズのマーヤが出るそうです!(和田ロッカーズフライヤーより)
見ないと見ないと!

blogねぇ・・・

今日、仕事絡みで人の文章を読みながら、つい自分の文章の書き方を
チェックしてしまった。
こういうところで好き勝手にものを書いていると、えてして思いつきがかたくなな思い込みになりがちだ。時々は自分で自分のいる立ち位置をチェックしないと、ただの自己満足に陥ってしまう。
意図や趣旨は伝わればラッキー、誤解はあって当然と思っているが、チラシの裏に書いているのではないから、人が見ることを前提とするなら(そして人が読んでおもしろいものにしたいなら)伝える工夫とある程度の客観性は必要だと思っている。
ここは個人的なスペースだけど、日記というよりは一種の記録のつもりで書いてるかな。

続きを読む

しつこくレコメンド

ZUINOSINインタビュー
いろいろ共感。勝手におもしろいことをやって自分がおもしろくなればいいのだ。
こういう人がすくすく育つゆるさがあるのが関西の良いところだと思う。
いい意味で我が道行ってる人ばかりというか。

今日の展覧会:目黒で二本

薬を追加したら症状が改善。外出にもあまり支障がなくなってきた。

「日本のジュエリー100年」(東京都庭園美術館)と「川村清雄を知って
いますか?」(目黒区美)に行く。
前者はただ作品を飾って終わりではなく、日本の近代化の過程とジュエリー
のデザインなどの変化を重ね合わせ、背後にある社会や歴史的背景をきっちり
見せる展示で非常に見応えがあった。江戸の職人の超絶技巧を受け継いで
作られた作品が並ぶ様は壮観。技法解説があったのもよかった。
「川村清雄~」展は新収蔵の加島コレクションを初公開。明治初期の海外
留学生の一人。達筆なんだがどこか和臭のするでろでろとした味の油彩画。
同時開催のミニ展示「所蔵作品選―かたち」がおもしろかった。
馬頭町のカタログだけを購入し、後日再訪の予定。

続きを読む

ZUINOSIN/あふりらんぽフリーライヴ@原宿ラフォーレ前

あれだけ煽っておいて、ズイにはほぼ間に合わなかったのだよ・・・。
どうせ遅れるだろうと思ってたのが甘かった。かろうじてドラムマンは
見られたけどね。あーライヴよかったんだろうなー。めちゃめちゃ悔しい。

次のあふりらんぽはもっとエグい系かと思ったら、案外普通の関西の
おねえちゃんたちだった。始まる直前にはラフォーレ前はロープを張る
ほどの混雑になってました。人気あるのね。ライヴは、二人の絶叫具合が
とてもキュートで、音もいたく真っ当でカッコよかった。

続きを読む

危ダビ少年A(赤い疑惑+ZUINOSIN+イルリメ)@六本木スーパーデラックス

ZUINOSINのフリーライヴに行ってきました。
開場から一時間押しとタイムテーブルが大幅に遅れ、二番手ZUINOSINが
出たのは9時半過ぎていたと思う。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。